[tour] 蓼科でランニング合宿・3 ランニング日記:27.54キロ

Sponsored link

合宿も3日目。昨日はかなり山登りをしたので、今日はゆるいコースでのんびり走ることにする。しかし朝方は雨でかなり強く降られた。比較的緩やかなトレイルを写真を撮るために立ち止まりながら走る。elevation gainは3194メートル。備忘録と写真は「続きを読む」にて。

距離:27.54 km

タイム:7:43’14”

ペース:16’49” / km

平均心拍:99

ランニング直後の体重:**

体脂肪率:**

Garmin Connect -Player for Untitled-2.jpg Garmin Connect -Player for Untitled-3.jpg

(ロープウェイ山麓駅から雨池峠の先の分岐まで)

のんびりいくことにはしていたのだが、ロープウェイの下から上までの登りは今日もこなす。466メートルの高度差を2.5キロで登る。今日は55分で登れた。

このあたりから次第に雨足が強くなり、雨池峠のあたりでは強い雨に。上下のレインウェアにザックにレインガードという完全防備の中高年ハイカーの集団に遭遇。Tシャツにハーフパンツの当方への冷たい視線を感じながら、ひとまず薄手のシェルを羽織る。雨池峠から雨池方面の下りはまたもや大きな岩がゴロゴロ転がる難所。足を滑らさないように用心して進む。

Day 3Day 3Day 3

(双子池から天祥寺原)

双子池に到着。今日は山登りは避けるので、双子山、大岳などには向かわず。双子池のキャンプ場も雨のせいかテントを張っている人は見あたらない。今日は全般にハイカーとはあまり出会わなかった。

Day 3Day 3

鬱蒼とした森、苔むした岩の上を慎重に進んで、亀甲池に到着。静かな池を前に、昼食。今日もジャムパン。。

Day 3Day 3Day 3

亀甲池。

Day 3Day 3

亀甲池からは比較的進みやすい。アップダウンも少ない。森を抜けて笹原に出て視界が開けるとそこが天祥寺原。視界が開けて凹凸が少ないトレイルをずっと下り基調で気分よく走る。蓼科山への登り口もあったが、登るのは見送る。

Day 3Day 3Day 3Day 3

天祥寺原から先。

Day 3Day 3Day 3Day 3Day 3Day 3Day 3Day 3Day 3Day 3

(竜源橋から八子ヶ峰)

山道を降りると竜源橋でビーナスラインの舗装路に出る。女神茶屋までロードを走ってから、茶屋の後ろから稜線にあがる。そこは信濃自然遊歩道の一部。最近八ヶ岳山麓スーパートレイルという200キロのトレイルを整備しようとの動きがあるらしく、このトレイルもその標識が取り付けられている。八ヶ岳の険しい登山道もいいが、もっと緩やかで歩きやすいトレイルはトレイルランナーにも歓迎だ。

白樺湖方面に進む。稜線の左右は大きく視界が開け、トレイル自体も平坦で走りやすいところと岩場とのバランスがよく楽しい。それでいてアップダウンは少ない。しかし時間があまりないのとだんだん踏みあとが見づらくなってきたので、八子ヶ峰で折り返すことにする。

Day 3Day 3Day 3Day 3Day 3Day 3

ここで東急リゾートへとつながる東急トレッキングコースへの入り口を見つけたので、試しに少し進んでみる。このトレイルが非常に気持ちいい。よく整備されていて思い切って走れるところと時々挟まる岩場が楽しい。つい1キロばかり進んでしまう。

Day 3Day 3

(引き返してロープウェイ山麓駅へ)

ここで引き返し、女神茶屋からはビーナスラインを走る。下り坂なので走りやすいが、車がかなり通るので要注意。途中で女の神氷水という湧き水が吹き出しているのを見つける。生水では飲まないように、という注意書きがあるので、冷たい湧き水で顔を洗ってすっきりする。ピラタスの丘のペンション村入口からは登りが続いて歩いていくとロープウェイ山麓駅到着。本日は終了。

Day 3

大石川林道に出たところで、雨池には向かわず北の双子池へ。平坦な林道で走れるところが結構あるが、ガレ場も多く、スムーズではない。

Sponsored link

Sponsored link