ランニング日記:蒸し暑さでKOのハセツネコース25キロ

Sponsored link

日曜日は五日市中学校から今熊神社、入山峠、と進むハセツネの序盤のコースでトレイルランのトレーニング。OSJの鏑木さん上級セミナーでご一緒している、無限のスタミナを誇る俊足ドクターTさんからのお誘い。では上級セミナー並みにじっくりやりましょう、ということでTさんは意外にも初めてというハセツネ序盤の登り中心のコースをご案内。

しかし、日曜日は日差しこそさほどなかったが、蒸し暑く、走り始めるとあっという間にバテてしまう。結局4時間半近くかかって浅間峠についた時には2Lのドリンクも飲み干してしまったので、Tさんと相談して上川乗へと下りた。暑かったとはいえ、何とも不甲斐ないトレーニングとなったのでした。

武蔵五日市駅でTさんと待ち合わせていると、男塾繋がりのWさんご夫妻などがいらっしゃる。お知り合いの方を連れてトレランのイベントにご参加とか。またご一緒しましょうとご挨拶して我々は五日市中学校へ。

ここからはハセツネのコースを行くのだが、Tさんとトレーニングや海外のランニング事情の話をしながらいけたのはほんの最初のうちだけ。10キロあたりの市道山分岐くらいで汗がひたすら流れ落ち、スタミナも落ちた感じ。Tさんはきついですねとはおっしゃるものの、当然ながら当方のあとをピッタリとフォロー。

醍醐丸あたりで正午過ぎとなり、小休止して補給食など。当方は焼きそばパンとチョコレートバーを食べようとするが、なかなか喉を通らない。

汗がひかないうちに、スタートするがこの区間はこんなにアップダウンがあったかな、と思うほど体感的にはキツく、ピークにくるたびに立ち止まって休憩。登りもいつもより歩きが多め。

生藤山辺りからはハイカーもちらほら。トレイルランナーも見かけたが、かなり速い人のようだった。

上川乗に下りて先にバスがきたので数馬の温泉センターへ。Tさんと反省会など。ドクターであり、ランナーであるTさんはトレーニングや体のトラブルにも当然詳しく、いろいろヒントをいただいた。スタミナ無限のTさんに負けないように鍛えてまたご一緒にトレーニングしたい。

– Posted from my iPhone

Sponsored link

Sponsored link