UTMB:レース中止

Sponsored link

午後6時半のUTMBのスタートを見届けるとホテルに戻り、自分のレースの準備。食事を済ませ、シャワーを浴びてテーピングなど。午後9時半のクールマイヨール行きのバスに乗るためスポーツセンターに向かう。

しかし何だか様子がおかしい。30分ごとに出発しているはずのバスが出発している様子がなく、バスと人が停滞している。30分以上待っても変化がない。


おかしいと思いながら待っていると、同じくTDSを走るTsuruさんに会った。何かサンジェルベあたりでトラブルでバスが出ないから、皆スポーツセンターの屋内で待っているというので移動。

やがて10時半ごろ、UTMBが中止されたとの一報。セーニュ峠で土砂崩れとの話。Tsuruさんと二人驚く。以後、Twitterで情報収集。その後夜半までにわかったこと。

・UTMBはトップ選手がコンタミン、31キロ地点来たあたりで中止。
・理由は、当初セーニュ峠で土砂崩れとのことだったが、その後の大会本部に記者会見では、2500m以上の山岳地帯での悪天候、ボンノム峠でに意図的なマーカーへのいたずらが大きな理由。
・TDSも中止、スタートせず。CCCも深夜に渡渉エリアの増水で中止。
・翌朝、10時からクールマイヨールスタートですCCCのコースでレースをする。朝6時半、シャモニーからのバスがスタート。

TDSもいつ始まるかわからないのでホテルに戻り、情報収集をしているとシャモニーに電車で戻ったUTMBの選手の声が聞こえる。我々の仲間も戻ってくる。


興奮して上気しながらもとりあえず翌朝の代替CCCに出ようということになり深夜二時半ごろベッドに横たわる。次第に眠りに落ちた。

– Posted from my iPhone

Sponsored link

Sponsored link