[trail]信越五岳トレイルランニングレース2010ーその3

Sponsored link

木曜日の朝。お休みの朝だが、本日はお天気が冴えず。振り返りは続く。

(2Aレストランバンフ<23.9km>から3A兼俣<38.5km>)

Untitled by koichi2000 at Garmin Connect - Details-1

2A
から3Aは袴岳のピークを上り下りするものの、さほどきつくはなく、引き続き気持ちよく走れる区間。袴岳へ向かう途中で、男塾の誇る俊足の面々、
oharinさんやテーノさんを追い抜く。彼らも体調が冴えないらしい。さらに袴岳のピークを目指す直前ではトレラン番長まで追い抜いてしまった。さらに
その先には上級セミナーでご一緒しているT谷さんまでペースダウンしておられて追い抜くことになった。何のことはなく、結局仲間内では一番に3A兼俣に到着。心拍数は低く抑えて走ったが、タイムは昨年とあまり変わらない。うーむ大丈夫だろうか。後半にまた減速してしまうのではないか。しかし心拍は抑えてきたのでいけるはず。

3Aのある兼俣に到着。Tかちゃんのサポートチームのキムタクさんやemigonさんがいらっしゃる。まだTかちゃんも着いていないのか。。やっぱり自分は飛ばしすぎているんじゃないだろうか、とびびりながら補給を5分ほどで済ませて9時50分頃出発。冷やしトマトを食べそびれたのが残念。ここから気合いを入れるため頭にかぶり水。

(3A兼俣<38.5km>から4A黒姫高原<51.5km>)

Firefox

3Aからは関川沿いのゆるやかな登りの遊歩道を8キロほど進む。平坦だが砂利が敷かれているので走りにくい。しかもこの時間は日が差し、遮るものがない遊歩道はうんざりする暑さ。

しかしこの区間を走らないとどんどん遅れてしまうので、気合いだけで脚を止めずに走り続ける。8キロが長い。しかしあまり追い抜かれずにすんだ。

川を渡っていよいよトレイルに入ると白い花の咲くそば畑。少し登りはあるが、トレイル自体は全体に平坦、テクニカルなところもないので、ここも気を抜かずに走り抜く。50キロ地点手前でトンネルを抜けたりするうちにようやく4A黒姫高原のエイドに到着。ここに王子がいて桃やレッドブルの私設エイドをしてくれた。大変感謝。ここまでのコースや男塾関係者の様子などを話してから再出発。去年のタイムからは10分くらい短縮できている。

(続きます)

Untitled by koichi2000 at Garmin Connect - Details-2

Sponsored link

Sponsored link
  • お疲れ様でした♪
    各APでしっかり食べ&しっかりレース解説をするいわささんが印象的でした(笑)
    続き、楽しみです(*^_^*)

  • > emigon さん
    コメントありがとうございます。お疲れ様でした。菅平に出られたんですよね?レポート楽しみにしております(^o^)