[trail] ハセツネのコース後半でトレーニング

DSC00542
Sponsored link

週末の土曜日は空いたので、まとまった距離を長時間走ってスタミナを強化しようと考えた。いろいろコースを考えたが、万一雪や凍結があっても安全に回避できそうなところ、ということで奥多摩のハセツネのコースへ。今年途中でリタイアとなった西原峠から最後までの約40キロをゆっくり8時間ほどかけて行く。

Firefox-1.jpg

早朝に起きて武蔵五日市駅7時10分発数馬行きのバスで仲の平に着いたのは8時10分。早速西原峠に向けて登るがやはり朝のうちは冷え込む。北側斜面は雪か?と思ったが、霜が解けずに残ったものにも思える。

DSC00542

安定した冬晴れで、笹尾根に上がると富士山がきれいにみえる。

DSC00551

久々に登った三頭山。本日は眺めが最高。

DSC00553

月夜見第二駐車場で足を止めて簡単に食事。この日は三頭山、御前山などのピーク前後では人を見たが、その間をつなぐ登山道は人が少ない。

久々に御前山に到着。このあたり、標高が1000mを越えるあたりは落葉樹がほとんどのせいかトレイルは厚い木の葉で埋められている。ふかふかではあるが、トレランシューズは木の葉の切れ端がシューズに入ってくるのでゲイターを持っていけばよかった。

DSC00561

御前山からの下りは12時前だったがまだこんな感じで真っ白。凍結したりはしていないが少々滑りやすい。

DSC00562

大ダワからはお馴染みの大岳山、御岳を経て日の出山へ。天気がよいので日の出山からの景色もいい。

DSC00567

結局40キロほどを走れた。累積標高2700m。かなり疲労は残った。

Sponsored link

Sponsored link

DSC00542