2011年を迎えて

Sponsored link

あけましておめでとうございます。今年は大晦日に約80キロも三浦、鎌倉のトレイルを駆け回ったため、両脚の痛みと全身の疲労感を抱えてのお正月となりました。現在、滋賀の実家へ向かうため移動中です。

トレイルランに明け暮れた昨年に続き、今年2011年もトレイルランを楽しみたいと思いますが、今年は野営でより長い距離を行くハイキングやクライミングなどにも取り組みたいと思います。また少し意識して、トレイルランを初めとするアウトドア活動をもっと多くの人が楽しめることに貢献する活動にも、少し時間を使いたいと考えています。

もし詳細ご興味がおありなら、続きをどうぞ。



【トレイルラン】

昨年はトレイルランについて多くのレースやセミナーに参加してきた。多くの人と出会い、仲間とともに乗り込んだレースはとても楽しかった。走る方も、少しパワーがついたようで、うまく自分をコントロールできれば自分の今の力を出し切ることもできるようになった。

今年は、昨年出られなかったフランス、イタリア、スイスの山を走るUTMB、Ultra Trail du Mont-Blancに挑戦して完走することを中心に据え、5月に開催が予定される富士山麓の100マイルレースやそこまでの調整度合いを確認する各種レースに挑戦したい。ただ昨年よりは控えめにして、調整とトレーニングにもう少し力をいれる。

【ULスタイルのハイキング】

トレイルランに時間を割く反面で、テントやタープなどの野営装備を持ってのハイキングにはあまり行けなかった。年末の伊豆でのトレイルランツーリングで少し一人旅になったとき、自然の中を独り、あるいは少人数で歩くことのワクワクする感覚、清々しさを思い出した。昨年はハイキングの装備はもっぱらコレクションするだけになってしまったので、今年は合間を見てオーバーナイトで出かける機会を増やしたい。これに関連して、本格的なクライミングについても経験してみたい。

【アウトドア活動を楽しむお手伝い】

多くのレースに出た昨年だったが、トレイルランをはじめとするアウトドア活動には安全と快適さを確保し、自然環境を次世代に伝えて行くための知識や経験が重要であると痛感した。現在の自分がアウトドア活動のコミュニティに貢献できることはそれ程多くないと思う。しかし、もっと経験を積み、コミュニティのために活動されているグループの手伝いをすることはできるかもしれない。それはレースのコース整備かもしれないし、各種イベントのボランティアスタッフかもしれないし、仲間内での野外遊びの企画かもしれない。こうしたことにも少し時間を割いてみたい。

いずれにせよ、自分が生きる時間、さらには健康で野外での遊びを憂いなくできる時間は有限だ。一回一回の山行、毎回の週末を、いつ自分が命を落とすことがあったとしても、悔いが残ることがないよう、楽しみ、充実させたい。

ここまでご覧いただいた皆様には感謝するとともに、今年もよろしくご指導いただきますようお願いいたします。

– Posted from my iPad

Sponsored link

Sponsored link