[hike] 東京近郊の低山で雪山気分、赤ぼっこと日の出山

Sponsored link

連休初日の金曜日は都心にも雪。これでは奥秩父や八ヶ岳、上高地なんて大変なことになってるはずとスノーハイクの予定を断念。

でも、考え方を変えれば、東京近郊の低山でも降ったばかりの雪を踏みしめることができるはず、と思い至る。今年はまだ近郊の1000m以下の低山には雪がなかったはず。というわけで土曜日はお手軽スノーハイクに出かけることに。

結局、青梅駅から標高400mの里山赤ぼっこと吉野梅郷から登って日の出山を一部トレイルランでめぐってきた。予想以上に静かで本格的な雪山気分が楽しめた。

http://connect.garmin.com:80/activity/embed/67796974

朝は例によってのんびりし過ぎて青梅駅についたのは10時半ちかく。雪のせいかホリデー快速も運休で電車にはハイカーは少ない。厚い雲が立ち込め、雪が降っている。

まずは手始めに赤ぼっこへ。誰とも会わない。足跡はあるが、今日のものでは無さそう。山頂は誰れもいなくて静か。雪雲の下に雪化粧した林や街が見える。

DSC00844.JPG
DSC00846.JPG

一旦山を下りて、吉野梅郷から三室山経由で日の出山へ。標高900mまでは結構登りがいがあるが、凍結などはなく、あまり危険は感じない。昨日のものか、マウンテンバイクのタイヤのあとが残っている。途中で親娘連れのハイカー一組とだけすれ違った。

DSC00855.JPG
DSC00866.JPG

日の出山山頂には二時半ごろ到着。男性4人のパーティが食事を終えて立ち去ろうとしていた。天気がよければ眺めのいい山頂だが、今日は厚い雲しか見えない。雪も勢いを増して来た。そんな状況での動画をどうぞ。

M4H00864.MP4

帰りは金比羅尾根を行こうかと思ったが、無理は控えておこうと考えてつるつる温泉へ下山。温泉で体を温めてから帰宅。

低山で今日のように降ったばかりの雪でほどほどの積雪、凍結もないというのは貴重な機会。明日日曜日もまだ楽しめる、しかも天気は回復して晴れそうとなれば行かない手はないのではないだろうか。

dPad

Sponsored link

Sponsored link