[event] 富士トレイルクリーンアップ大作戦に参加

IMG_1918
Sponsored link

先週末の5月20−22日は日本初の100マイルレース、UTMFことULTRA-TRAIL Mt. Fujiが予定されていた週末。延期されたレースの代わりに、この週末は「富士トレイルランナーズ倶楽部」主催による「富士トレイルクリーンアップ大作戦」に参加。鏑木さんをはじめThe North Faceのサポートアスリートの皆様も参加されての清掃&ハイク・ランのイベント。

主なハイライトは次の通り。

・朝霧高原から本栖湖へのトレイルは最高に気持ちがよい。パノラマ台さらに三方分山への登りはかなり手強い。

・懇親会にて今秋の開催が検討されていたUTMFが来年5月開催を目指すことになったことがアナウンスされる(同時に公式ウェブサイトでも公表

・懇親会で福田六花さんのライブ開催。

・清掃活動についてはシングルトラックにゴミは少なく、大量のゴミがあったのはクルマが入れる林道(ホントにきりがないほど)

今回のイベントはTNFアスリートの皆さんが来られる時間こそ決まっているが、基本的には自由に歩いてゴミ拾いをするなり、ハイキングするなり、走るなりして、自分で好きなところで切り上げて帰ればいいというもの。レースやセミナーに慣れた身にはあまりに自由すぎて戸惑うかもしれない。しかし、反面で自分の好きなスタイルでトレイルを楽しむなり美化すればよく、うまくすればいろんな人に途中で会える、というこういうスタイルのイベントはもっと広がってもいいかもしれない。自由な行動が多くなるので、地図持参でそれを読める必要があるが、富士周辺のトレイルならそうした練習にもよいかもしれない。

以下、写真などが続きます。

(土曜日・朝霧高原から三方分山、精進湖から樹海トレイル)

土曜日はTNFアスリートの皆様と一緒にスタートする時間には間に合いそうになかったので、一人で遅れてルートを進むことに。

パスは芝桜まつりで混雑気味で道の駅朝霧に着いたのは11時ちょっと前。それらしき仲間は見当たらなかったので、ゴミ袋を片手に走り始める。根原、県境を経て本栖湖畔にいたるコースは比較的フラットで、ついつい夢中で走ってしまう。途中、県境のあたりからしっかり清掃活動をされている方々に出会う。芝桜まつり会場の裏あたりでは三好レイコさんを中心としたグループがみなさん大量のゴミを抱えていてびっくり。こちらは今日は清掃はほどほどにトレイルを走るつもりだったので、先へ。本栖湖畔で、パノラマ台までいってからクルマを取りに引き返すという@hi6oshi に会った。

IMG_1918 IMG_1919 IMG_1921

ここから先はしばらくシングルトラックの登りが始まる。烏帽子岳、パノラマ台、三方分山は逆に下りてくることは何度かあったが登るのは初めて。かなりきつい感じ。特に標高1422mの三方分山のピーク直下、1300mあたりからは急坂でざれ気味なので滑りやすい。なかなかの難所だ。

IMG_1924 IMG_1925

あまり時間がなかったので阿難峠から精進湖に下りたが、バスにはまだ時間があるようなので、赤池の精進登山口から青木ヶ原樹海のトレイルへ。ここもゆるい起伏で走りやすい。風穴で切り上げてバスで同宿のメンバーとご一緒する宿へ。

(懇親会)

18時から富士レークホテルにて懇親会。冒頭、鏑木さんよりUTMFについて2012年5月開催を目指す旨が発表される。さらに、TNF三浦さんからは「富士トレイルランナーズ倶楽部」の法人化の構想など。

その後はトークショー等もあり、最後はやはり!福田六花さんによるライブ。この映像は別記事で紹介します。

IMG_1929

(二日目・寿駅周辺から杓子山、石割山、山中湖)

二日目は9時に丸勝産業(株)・明見工場さんの駐車場に集合してスタート。今日は当方はがんばって拾うつもり。登山道へ入る前の路肩にも既にゴミは多数。しかし、当方は鏑木さんが少しスピードを上げたのをみてついて行こうかとスピードを上げたがとうてい追いつけず。鏑木さんは、須走までのコースを全て走って回って参加されている方に挨拶していこうとされていたようだ(決してトレーニングの一環で加速されたのではありませんw)。

IMGP0187.JPG

大榷首峠まではちょっとペースを落した歩きを入れながらも、だいぶ後続を引き離したかな、と思っていたが、杓子山への登りが始まると、@sleeplesscat さんことキャットさんが追いかけてきているの気づいた。鬼ごっこよろしく、少し加速して一気に杓子山に到着。さらに下りもいけるかと思ったが、徐々にキャットさんに詰められ、二十曲峠の手前から先は一緒に進むことに。このあたりはゴミも少ない割に滑りやすかったりするトレイルなので、ゴミ袋は一旦バックパックにしまう。

IMG_1933

石割神社へ。ここから先。林道に入るあたりから本格的にゴミ拾い開始。キャットさんと一緒に拾うが大量すぎて持ちきれない。車道に出てからもゴミが重すぎてとても走れない。少し雨もぱらついてきた。

IMG_1934

ゴミをまとめてくれるスタッフがいらっしゃる山中湖交流プラザきらりに到着。雨足が強まってきたのを眺めながら待っていると、メンバーも横山峰弘さんと一緒に戻ってきた。

Sponsored link

Sponsored link

IMG_1918