[report] 雨のち晴れ、重い脚でOSJ鏑木スペシャル・ロングトレイルセミナー

Sponsored link

水曜日は休みを取って早朝から三浦半島へ。OSJ湘南クラブハウスさんの鏑木さんのトレランセミナーに参加。この日はロングトレイルセミナーということで朝9時から午後4時まで、あまり長い休みを取らずに走り続けるというもの。長距離のトレイルレースには効果的ではあるが一人ではなかなか取り組めないトレーニング。この日も平日、しかも午前中は雨にもかかわらず、10人以上のランナーが京急長沢駅に集合。中には週末に奥久慈でご一緒した方も。

http://connect.garmin.com:80/activity/embed/90975369

コースは京急長沢駅から三浦富士、武山、衣笠方面から大楠山、湘南国際村、田浦、港ヶ丘、二子山ハイキングコース経由で東逗子、鷹取山、六浦、朝比奈切通、金沢街道を通って材木座のクラブハウスまでの48キロ。この季節、鎌倉・三浦の少しマイナーなトレイルは草木に覆われて藪の中で非常に走りにくく、これらを回避するためトレイルの割合は30−40%くらいか。

当方は大楠山の登りで既に奥久慈の終盤の登りの状態に戻り、湘南国際村の登り返すロードもスローペースでかろうじて走るふり。週末に八ヶ岳のトレイルで100キロ走ってきたというHさんは見るからに脚が軽そうでどんどん前に出て行かれる。いつもパワフルなキャットさんもITBが痛むとかで今日は控えめ。一方、当方は二子山ハイキングコースもやたらと脚が重い。神武寺へ向かう階段は限りなく歩きに近くなり、奥久慈でご一緒した@yuzuponmikanさんと一緒に登る。鷹取山のあたりでは雨もすっかり上がり青空が広がる。

それでもトレイルを下り、金沢街道からのロードはいつもの上級セミナーの流儀を守って精一杯加速。とはいっても4分15−20秒/キロが精一杯。

脚は重かったが、何とか走れたのは多少自信につながったかもしれない。

この日のセミナー中、鏑木さんとは今月下旬に予定されているWestern States 100の話題でお話しする。2009年のレースで二位だったこのレースへの思い入れはかなり強いとのこと。当方が暇に飽かせて収集した情報の中には多少目新しい話しもあったようで喜んでいただけた。IMG 2003

Sponsored link

Sponsored link