[report] キタタン研究講座でコースを試走

Sponsored link

7月3日に今年も開催される夏のタフなレース、北丹沢12時間山岳耐久レース。今週末は主催者による研究講座、試走会が開催されたため参加。試走で長い登りと高い湿度を確認したのと、レースディレクター野崎さんとTeam Sportivaの後藤さん、望月さん、宮原さんなど有力ランナーの皆さんと盛り上がった夜の宴会を大いに楽しんだ。続きは下で。


一日目の試走後は、神の川ヒュッテに戻り、五右衛門風呂(初めて経験)に入った後、まずは缶ビールでも、といった感じで始まり、次第に盛り上がる。


試走中には宮原さんによるキノコ講座(?)の他、野崎さんと宮原さんの師弟コンビによる、キクラゲの炒めも食卓に。美味い!


肝心の試走の方は、第二関門の神の川園地までを土曜日に、以降を日曜日に分けて試走。両日とも湿度が高く霧で視界も効かない。滝のように汗をかきながらの試走。しかも土曜日は雨。
コースは昨年もレースで走っているが、前半の鐘撞山を経て県境尾根上の分岐、後半の姫次までの長く急な登りはやはり厳しい。宮原さんがリードする早いグループで走ったものの、特に登りは力が出ず重い脚を引きずるように息を荒くして登ることに。これでは本番は厳しそうだ。


– Posted from my iPhone

Location:Sagamihara,Japan

Sponsored link

Sponsored link