[trip] Aig. du Midiまで上がっただけで疲弊・UTMB遠征ツアー Day4

Sponsored link

4日目の水曜日も日差しの強い一日。シャモニーの観光の超定番、エギュイユ・ド・ミディまでケーブルカーに登る。その後はそのまま降りてランチ。夜は突貫野郎さん宅で宴会。



・朝日に染まるモンブランをホテルの部屋から。真ん中の飛び出したところがモンブランの頂き。


・さて朝食でも、と思っていたらツアーメンバーの声が表の通りからする。ホテルの前を鏑木毅さんがジョギングで通りかかったのを目ざとく発見したらしい。いつものちょい寒い時のスタイル。お引き留めしてすいません。


・朝食後、メンバーは思い思いに出かけるが、当方はシャモニーの定番中の定番、エギュイユ・ド・ミディへ。標高3800m以上の岩峰まで途中で乗り継いでケーブルカーまで上がれる。


・まあ定番の観光地で、ケーブルカーで着く展望台もレストランあり土産物屋ありという感じでアウトドアな感じはしない。
・しかし、標高3843mの富士山より高い世界は本物。麓はTシャツでもここは氷点下、ダウンジャケットが必要なほど。すこし階段を昇り降りすればすぐに息が切れる。


・モンブランの頂きは雲に隠れて見えず。


周囲の岩に山ガラス。


・展望台から周りを見ていると、アルパインクライミングをしている人も多数。この展望台から一歩踏み出せばそこは氷と岩の壁の世界。


・定番の記念写真。


・予定ではこの後、ケーブルカーの中間駅からトラバースするトレイルを10キロほど歩いて、メール・ド・グラスが見えるモンタンベール鉄道の駅まで向かう予定だったが、変更してそのままシャモニーに戻ることに。短時間の滞在だが3800mの世界は体に負担が大きい。
・降りてきてケーブルカー駅近くのレストランAlan Peruでランチ。


・この後は、突貫野郎さんのお誘いで、借りておられるアパートの部屋で宴会。みかんさんなどもいらっしゃって盛り上がる。しかし当方はやや疲れ気味。。
・というわけで、定番の観光を済ませたわけだが、アウトドアな関心からは外れるが美しい眺めは魅力的。うーむ。

Location:Avenue Cachat le Géant,Chamonix,France

Sponsored link

Sponsored link