[report] フィニッシュ、シャモニーへ・UTMB2011 Part 9・完

10893443
Sponsored link

さて、長らく書き綴ってきたUTMB参戦記も今回が最終回です。

10893443

(あれ、ここで登り?)

アルブ川沿いのコースを進み、さてあと4、5キロくらいこの調子で進めばフィニッシュだ、どんな感じでフィニッシュしようか、等と考えていたところでコースの指示は登り。あとで地図で確認すると、Les Tinesのあたり、ゴルフ場の先あたりで先日の調整ジョグですぐ近くまで来ていたあたりだ。

登り始めるとそれなりの手応えある登り。少しの登りだろうと思いながら登るが体感的にはずいぶん長く続く。走れるところは走る。しかし、ここまででハイドレーションバッグのドリンクは全て飲んでしまった。大丈夫だろうか。前にも後ろにも人影は見えない。しかし、コース指示はちゃんと着いている。時々前に人影が見えると、ハイカーだった。

あれれ、と思いながら進んでいるとやがて斜面をまっすぐトラバースする感じになり、道標が現れた。Petite Balcon Sudを進んでいる。これで謎が解けた。オリジナルコースのFlegereからの下りに合流させて、それ以降のフィニッシュまではオリジナルのUTMBと同じになるのだ。うれしいというべきか、辛いというべきか。コース変更はしても盛り上げるところは盛り上げるという演出重視のUTMBだからなのか、あるいは元々2007年はこういうコースだったのか。

Petite Balcon Sudがオリジナルコースに合流する地点に到着。前にランナーが数人見える。ここまで来て前のランナーを追い越すのも少し気が引けるが、もう少しフィニッシュまで距離はあり、あまりゆっくり進むのもしんどいので、無理のない範囲で前のランナーを追い越していく。

いよいよChamonixのロードに到着。ここからはあまり無理はせず、前のランナーとの距離を詰めすぎないようにする。フィニッシュはお互い楽しみたい。

UTMB_17-1

(いよいよフィニッシュ!)

午後のChamonixの街は観光客、応援の皆さんで大賑わい。その中をフィニッシュに向けて進む。アルブ川沿いのスポーツセンターの脇を走る。Joseph Vallot通りを進んで一旦Michel Croz通りに入り、そしていよいよフィニッシュゲートのある広場に向かおうというとき、Furuさん、キムタクさんが出迎えてくださった。何という感激!ありがたいこと。日の丸を手渡され、高々と掲げながらフィニッシュに向かう。このあたり、時折後ろを振り返って日の丸を振るなど、それなりにパフォーマンスをしたような。

10880582

いよいよフィニッシュゲートへ!

10889053

あれ、右側の観客にはおなじみのティアドロップのサングラスをかけた日本の著名トレイルランナーが。

10893441 10893443

午後2時18分、38時間49分53秒・総合363位でフィニッシュ。長い長い道のりでした。

10857828

完走後、NHKの取材の方によるインタビュー。何をいったかあまり覚えてませんが、気の利いた話しはしてないと思うのでたぶんボツかと。

10893445

インタビュー中にキムタクさんと。Furuさん、キムタクさん、気配りいただきありがとうございました。

10857829

フィニッシュ地点で腕のチップとスリングを外し、デポジットの20ユーロを受け取る。日本語の上手な女性スタッフからフリースの完走者ベストを受け取る。そこに突貫さん。缶ビールを受け取り、日本の有力選手、仲間の皆さんの様子を教えていただく。その後、Furuさん、キムタクさん、先にフィニッシュしていたキャットさんと、フィニッシュ地点におられた鏑木さんご夫妻に挨拶しにいく。変更されたコースのこと、長い旅だったこと、自分が思っていたのとは違う「ランニング」だけではないレースだったこと、などをお話しした。

そのままフィニッシュゲートで続くランナーを迎えたかったが、疲弊も激しく、ほどなくホテルに戻った。

———————

以上が当方の2011年のUTMB参戦記でありました。この規模、この盛り上がり、このコースの激しさ、いろんな意味で世界最高のトレイルランニングイベントに違いないUTMB。トレイルランニングに触れた方であれば誰もがこのビッグイベントに引きつけられるに違いない。

当方も、一昨年の秋以来、UTMBの完走を一つの目標にしてきた。その過程でいろんな方にいろんなことを教えていただいた。レースやセミナー、自主トレで仲間と競い合ったり励まし合ったりしたことも思い出す。今回のUTMBは自分のランニング、トレイルランニング、ウルトラマラソンの経験の中で一つのマイルストーンだが、同時に新しい経験へのスタート地点でもあると思う。

来年以降もUTMBに挑戦するだろう。そして、UTMBを知ったことで、UTMBの目指す価値観とは異なるトレイルランニング、ウルトラマラソンの世界があることも知ることができた。手作りのレースや走ることを純粋に楽しめるレース、険しいコースを的確にこなすコース、レースではないトレイルラン。今後もより広い世界、楽しみ方に視野を広げ、その一端を自らの言葉で発信していきたいと思う。

Sponsored link

Sponsored link

10893443
  • kaorisumi

    ずっと読ませてもらいました
    クライマックス ゴールは感動が伝わります
    ご本人とは程遠いだろうが、、
    本当に一年間努力された結果と思います
    すばらしい!おめでとうございます

    • sumiさん

      読んでいただきありがとうございます。今度はsumiさんの番ですかね!制限時間は長いので、上手く計画していけばいけると思いますよ。

  • 清宮

    完走おめでとうございます。ゴールを様子を読んで仲間って良いなと思いました。

    よろしければ1つ教えてください。耳に装着する目覚ましはどの製品をお使いでしょうか?来年開催される予定のUTMFまでに購入したいと思っています。

    次は信越五岳でしょうか?ますますご活躍されますように。

    • 清宮さん

      コメントありがとうございます。

      私が使ったのは下の製品です。特にこだわりはなく、アマゾンでそれらしきものを探して買った次第です。

      小型タイマー安心君パート2 アイス http://amazon.co.jp/dp/B001BL0LZQ

      UTMFも待ち遠しいですね。

      • 清宮

        お返事ありがとうございます。早速注文しました。スタートが早いマラソンのときの目覚ましにも使えそうです。

        今後ともブログ楽しみにしています。

  • 知清

    私も一昨年秋の『ワンダー×ワンダー』を見てなかったら、トレイルランニングという競技があることすら知らなかっただろうし、翌春、平尾台で大会が無かったら、やってもいなかったと思います。私もUTMBはいつか出てみたいです。ゆるふわさんにセミナーで「出れる内に出ておかないと。」と言われたのを思い出します。

    リポートありがとうございました。

    • 知清さん

      コメントありがとうございます。
      ちょっとしたきっかけでいろんな出会いや経験が広がりますね。今回のUTMBも自分にとっては大きなきっかけになりそうです。

  • takaharaさん

    完走おめでとうございます。私は昨年後半だけですが一度走ったので、ある程度、コースの流れに馴染みがありました。コース変更もありましたが、ある程度頭に入っているともっとラクに行けたのでは?ぜひまた挑戦して下さい!

  • 完走おめでとうございます!一気に読ませて頂いて、ゴールで日の丸を掲げている写真を見た時にはこちらまで目頭が熱くなってしまいました。そして、自分も同じように日の丸を手にゴール出来る日を夢見てトレーニングに励もうと心を新たにしました。レポートありがとうございました!

    • 野中さん:
      コメントありがとうございます!
      一つのレースとは思えないいろんなシーンを思い出す経験になりました。
      ささやかな記録ですが、誰でも挑戦できることをお伝えできればと思っています。

      • 信越五岳はいかがでしたか?そういえば、ランナーズに写真が掲載されてましたね、すごい!