[race] 前夜・上野原トレイルレース

Sponsored link

道志村トレイルレース、北丹沢12時間山岳耐久レースとともにNES Championshipを構成する上野原トレイルレースは明日、9月11日日曜日に開催。初回の昨年はあまりに激しいコースに実力派ランナーの皆さんも悲鳴を上げたと聞いたが、今年はコースを一部変更し、38.6キロ、3000mD+のコース。JR上野原駅からほど近い鶴島陸揚場を7時にスタートし、高畑山、棚ノ入山、 二十六夜山をめぐってスタート地点に戻るコースは最高でも標高1117mの棚ノ入山だが、低山らしいアップダウンの連続するコース。制限時間は10時間。

当方も参加するため前日受付にいってきた。交通の便がよく、当日受付のランナーが多いせいか、まだ人は少なかった。


UTMBの2週後にこのレースに出るのは、NES Championshipの3レースのフィニッシャーになりたい、というのが大きいが、他にも理由はある。UTMBのようなビッグイベントからどのように回復していけるか試すため。また、このレースにエントリーしていたことでUTMBでの脚の故障を最小化するという方針を維持できたと思う。

明日は今日よりは気温は低そうだが、蒸し暑い一日になりそう。夏の終わりの、参加しやすいがスパイスの効いたレースとして定着しそうだ。

受付先着500人には軍刀利神社(ぐんだりじんじゃ、ハセツネのコース上にある)の勝運健康のお札がいただる。


耐水性の用紙に印刷されたルートマップがナンバーカードと一緒に配布される。等高線が描かれていて、最低限の地形は把握できるようになっている。これならそのままレースに持って行くことができるし、コースの概要を地図からつかめることが体感できそう。トレイルランナーが地図に親しむよい配慮だと思う。


– Posted from my iPhone

Sponsored link

Sponsored link