[WS100] Trip to Western States, Day 4 レース前日、受付と開会式、準備など

Trip for WS100, Day 4
Sponsored link

)に出るための旅の四日目(6月22日金曜日)。

いよいよレースの前日。朝のスタート地点に行ってみると、スタート時間までのカウントダウンが始まっていた。

Trip for WS100, Day 4

今朝は、WS100のスタート地点から700m登ったEmigrant Passまでの6キロのミニレースが行われた。家族やクルーの人たちも楽しめる企画。もちろんランナーも参加できるが、当方はさすがに止めておく。

Trip for WS100, Day 4

あれこれ支度をしてから、受付へ。いろいろwaver formにサインしたり、グッズをもらったり。

Trip for WS100, Day 4 Trip for WS100, Day 4 Trip for WS100, Day 4

メディカルチェック。とはいえ体重と血圧を測るだけ。レース中も体重計に乗って体重が減りすぎていないか(脱水を起こしていないか)チェックする。

Trip for WS100, Day 4

全部終わると、リストバンドを着ける。レース中付けておく。なお、ナンバーカードとチップ(足首に付けるらしい)はスタートの直前に配布するとのこと。

Trip for WS100, Day 4

それからドロップバッグを預ける。10カ所もドロップバッグを預けるポイントがあるので、どんなふうに管理しているのかと思ったが、ご覧の通り、道ばたに立てられた目印に勝手においていくだけ。一応バッグのサイズは決まっている(シューズボックスの大きさ)のだが、特に決まった袋が支給されるわけでもなく、自由。当方は3カ所におくことにした。

Trip for WS100, Day 4

続いて、午後から開会式、というかプレレースミーティング。レースの注意事項やこれまでレースに貢献してこられたスタッフの表彰など。最後に男女の有力選手紹介。

男子は左から、スピーカーに隠れているNick Clark、Jez Bragg, (不明)、(不明)、(不明)、David Riddle, Zeke Tiernan, Mike Wolfe, Ian Sharman, Tim Olson, (不明), Dave Macky.

Trip for WS100, Day 4

女子は真ん中の白いジャケットがLizzy Hawker、その二人となりの白いバイザーがEllie Greenwood。

Trip for WS100, Day 4

本日ゲットのグッズを一部紹介。こちらはランナーの参加記念品のバックパック。MHWのAGAMAという20Lくらいのタウンユースのもの。

Trip for WS100, Day 4

こちらは会場で売られていた映画UnbreakableのTシャツ。表にはGeoff Roesのイラスト。

Trip for WS100, Day 4

背中には映画で出てきた彼の言葉、”Accept the low point and move on”がプリントされている。こんな具合でHal Koerner, Kilian Jornet, Anton Krupicka, Gordy Ainsleyのバージョンがあるというもの。Unbreakableのファンにとってはなかなかいいんじゃないでしょうか。

Trip for WS100, Day 4

以上、レース前日の模様でした。

Sponsored link

Sponsored link