[ #UTMB 2012] ウルトラトレイル・デュ・モンブランの主な結果

Sponsored link

8月31日金曜日にスタートしたUTMBは、すでにお伝えしているとおり悪天候のため、コースを大幅に変更短縮。フランス領内のシャモニー谷、モンジョエ谷の標高が2000m以下のコースのみを使った103キロ、累積獲得高度5862mD+のコースで行われた。

コースはシャモニーから通常のUTMBのコースでサンジェルベ、コンタミンを経てバルムまで進む。その後西側へ向かい別ルートで再びコンタミンへ。コンタミンから再びベルビューを経由する別ルートでレズーシュに戻り、少し登ってPetit Balcon Sudを北東に進み、モンテ峠へ。ここから通常のUTMBコースでは使わないPetit Balcon Nordを通るコースでシャモニーへ戻る。

レースは男子では中盤に上位集団からFrancois D’Haene(フランス)、Jonas Buud(スウェーデン)が飛び出し、D’Haeneがリードしたままフィニッシュして優勝。鏑木毅選手は先行する上位集団がスピードを維持するなか、後半から追い上げをかけて10位に入賞。女子ではLizzy Hawkerが5回目のUTMB女子優勝を果たした。

優勝したFrancois D’Haene(写真はDroz-Photo.com)

20120902-101451.jpg

エイドステーションでのFrancois D’Haene

20120902-101535.jpg

同じくJonas Buud

20120902-101609.jpg

女子

Lizzy Hawkerが男子とともに先頭グループで走り、終始女子のトップを維持。総合順位でも16位となり、UTMBで5回目の優勝を果たした。

1st Lizzy Hawker (TNF)- 12:32
2nd Francesca Canepa(Vibram)- 13:17
3rd Emma Roca (Buff)- 13:23
4th Rory Bosio (TNF)- 13:43
5th Katia Fori (Tecnica)- 13:58
6th Magdalena Laczak (Inov-8)- 14:07
7th Fernanda Maciel (TNF) – 14:12
8th Amy Sproston (Montrail) – 14:13
9th Emelie Lecomte (Quechua) – 14:35
10th Nerea Martinez (Salomon) – 14:58

12th Meghan Arbogast – 15:14
14th Krissy Moehl – 15:25
17th Helen Cospolich – 15:57

男子

Francois D’Haene,Jean-Yves Rey,Carlos Saなどからなる上位集団が形成されたが、中盤にモンジョエ谷のループ状コースからコンタミンのエイドステーションに戻ってきたときには、D’Haene, Buudが集団から飛び出して先行。その後は徐々にD’HaeneがBuddを引き離して優勝。D’Haeneは2010年の神流マウンテンラン&ウォークに招待選手として出場したことがある選手。Jonas Buudはスウェーデンのウルトラマラソンランナーで世界選手権大会での優勝経験もある選手。

3位にはアメリカのMike Foote。序盤は20位前後につけていたが、後半に徐々に順位を上げ、3位に入った。アメリカのBighorn100でコースレコードを持つ実力の持ち主。

日本でも知られるSebastien Chaigneauは上位集団に入っていたものの、徐々に順位を落とし、フィニッシュ目前の93キロ地点、アルジャンティエールで棄権。胃の不調、膝のけが、ヘッドランプの不調などのトラブルがあった模様。同じく上位集団にいたMiguel Herasも脚の故障で途中棄権。

鏑木毅選手は、序盤は上位集団から遅れて20番台後半。次第に順位を上げ、最初のコンタミンでは18位。モンジョエ谷のループの後の2回目のコンタミンでは前後にランナーが迫る中で11位に。少しずつ前のランナーをかわすねばり強いレースを仕掛けて93キロ地点のアルジェンティエールでは9位に上昇。しかしその後、すぐ後ろについていたSebastien Buffardに残り一キロ地点でかわされて10位でのフィニッシュとなった。

横山峰弘選手は序盤で脚の故障が出て、大幅に減速。しかしこのレースを完走するとの意志は固く、ねばり強くフィニッシュを目指して無事完走。

1st Francois D’Haene (Salomon)- 10:32
2nd Jonas Buud(Sweden)- 11:03
3rd Mike Foote (TNF)- 11:19
4th Carlos Sa (Berg)- 11:22
5th Csabe Nemeth – 11:37
6th Jean Yves Rey (Salomon)- 11:43
7th Francois Faivre – 11:51
8th Arnaud Lejeune (Hoka One One) – 11:53
9th Sebastien Buffard – 11:57
10th 鏑木毅 (TNF) – 12:03

主な日本人選手(総合順位)

41位 小島弘道 13:36
61位 松永紘明 14:07
72位 渡邊千春 14:20
77位 高橋和之 15:22
1856位 横山峰弘 24:10

終盤で棄権したセバスチャン選手。

20120902-101642.jpg

エイドステーションでの鏑木選手

20120902-101709.jpg

フィニッシュした横山峰弘選手

20120902-101759.jpg

Sponsored link

Sponsored link

  • ngwdsk

    Reportお疲れ様です。
    今年のUTMBもまた何というか…
    相応しい言葉かは分かりませんが、
    ドラマチックな大会でしたね。
    コース短縮からスタートまでの、
    TOP選手の心の動きに物凄く興味がわきます。
    Twitterで情報見ただけでも、
    各々色々な想いを持って参加していることが垣間見えました。
    今後各選手のインタビューとか出るのでしょうから、その辺りに注目してみたいです。

    あと、やはり新しいギアは気になりますね
    特にTNFチームのベスト型?の新しいパックが!何か情報あったら特集して下さい!(ムチャぶり)

    そして、サイト及びイワサ様の新しいスタート、応援しとります!
    長々と失礼!

    • コメントありがとうございます!私にとっては、皆様にお伝えする活動を試す機会として貴重でしたが、限界を感じることもあり、なかなか複雑です。お気づきの点、ご意見などありましたらお知らせください。