[DC] Max King, Kim Dobsonなどが受賞・Trail Runner of the Year 2012

Sponsored link

先日「UltraRunning」誌が2012年の”Ultra Runners of the Year”を発表したことをお伝えしたが、続いてライバル誌の「Trail Runner」が今年初めての発表となる2012年の””を発表した。

男女それぞれに総合賞(Openの部)とマスターズ賞(Masterの部)が設けられ、男子は総合賞に11月のJFK 50で優勝するなど50マイルくらいまでのレースでの活躍が著しかったMax King、マスターズ賞で9月のRun Rabbit Run 100で優勝したKarl Meltzerが受賞。女子は富士登山競走のアメリカ版、Pikes Peak Ascentでコースレコードを更新したKim Dobsonが総合賞を受賞。マスターズ賞は53歳で2012年の一年間で36もの100マイルレースを完走したLiz Bauerが受賞した。

Trail Runner Magazine Announces TROY Awards

以下受賞者を紹介。

Queen of the Uphill
女子総合賞のKim Dobsonの紹介とインタビュー

Kim Dobsonはコロラド州在住の28歳。2012年のPikes Peak Ascent(あわせて行われる登り下りの往復であるPikes Peak Marathonの前日に行われる登りのみのレース。標高差、距離などは富士登山競走に近い)で1981年に作られたコースレコードを9分更新する2時間24分58秒で優勝。スイスでのユングフラウマラソンで3位など。

Hooked on Hundreds
女子マスターズ賞のLiz Bauerの紹介とインタビュー

ジョージア州在住のLiz Bauerさん53歳は一年で30の100マイルレースを走るというパートナーの男性に誘われた。男性が3月にアキレス腱の故障で挑戦を諦めるなか、HURT、Hardrockなどのハードなレースも含め36の100マイルを完走。年の前半は足のマメに悩まされたとのこと。

Mr. Versatility
男子総合賞のMax Kingの紹介とインタビュー

オレゴン州在住のMax Kingは32歳。2012年は11月の50回目の開催となったJFK 50でコースレコードの5:24:58で優勝。一方ロードでもオリンピック選考会で2:14:36で19位。10kから50マイルくらいのレースで安定した強さを見せた。

The Speedgoat Stomps
男子マスターズ賞のKarl Meltzerの紹介とインタビュー

スピードゴートことKarl Meltzerはユタ州在住の44歳。Hardrock 100で5度の優勝の実績を持ち、今も現役で出場するレースでは上位候補。2012年は初めて100マイルの部が設けられた9月のRun Rabbit Runで優勝。その他にも地元で開催されるSpeedgoat 50kのレースディレクターとしても活躍した。

先日のUltra Runners of the Yearに比べると、100マイルより短い距離の成果にも評価がされていることになるだろうか。

もし日本で同じような賞を設けるなら誰が受賞するだろうか。やはり、Grand Raid des Pylenees優勝、ウルトラトレイル・マウントフジ3位の山本健一さん、Ultra Trail du Mont Blanc/TDSで年代別優勝の浜梶富夫さんあたりだろうか。

Sponsored link