[DC] アメリカランニングウォッチ・2月1日の注目の2レースの結果・Sean O’Brien 50とRocky Raccoon 100

Sponsored link

先週末2月1日土曜日にアメリカで開催された注目のトレイルランニングレースの結果紹介です。

Mile(ショーン・オブライアン50マイル)(ロッキーラクーン100マイル)Montrail Ultra Cupのシリーズ戦で上位入賞者にはWestern Statesの出場権が与えられます。

Sean O’Brien 50 Mile(ショーン・オブライアン50マイル)

シーズン初めの50マイルレースで有力選手が多く参加したSean O’Brien 50Mはカリフォルニア州のロサンゼルス近郊で2月1日土曜日に開催されました。累積獲得高度は約3,400MD+。

男子ではレース前の評判通り、ディラン・ボウマン/Dylan Bowman、マイク・アイシュ/Mike Aishクリス・バーゴ/Chris Vargoの三人がリード。後半に入りディラン・ボウマン/Dylan Bowmanがリードを広げ始め、38マイル地点で後続に5分差。さらにフィニッシュに向けて加速し、6時間23分で2位のマイク・アイシュ/Mike Aishに14分差で優勝しました。

ディラン・ボウマン/Dylan BowmanはWestern Statesで2012年に7位、2013年に5位の他、アメリカのレースで活躍する若手です。マイク・アイシュ/Mike Aishはニュージーランド出身でオリンピック代表選手の経験もあるランナー。

3位にはマイク・ウルフ/Mike Wolfe、4位には地元カリフォルニアのクリス・プライス/Chris Price。8位に昨年、一昨年とWestern Statesで優勝のティモシー・オルソン/Timothy Olsonが入っています。

女子では50マイルのレースで実績を持つキャシー・スキャロン/Cassie Scallonが圧勝しています。

Rocky Raccoon 100(ロッキーラクーン100マイル)

同日の2月1日にはテキサス州ハンツビル近郊でRocky Raccoon 100が開催されました。比較的フラットなコースで高速レースが展開される100マイルのトレイルレースとして知られています。

男子優勝はカリフォルニアのマット・レイ/Matt Laye。これまであまり大きなレースでの結果は残していませんが、この日はこのレースの大会記録を持つイアン・シャーマン/Ian Sharmanを66キロ地点で引き離し始めて13時間17分で優勝。二位にはイアン、三位には18歳のジャレド・ヘイゼン/Jared Hazenが入りました。

女子は2013年のUltrarunners of the Year受賞者のミシェル・イーツ/Michele Yatesの活躍が期待されましたが、体調を崩して72マイル地点でリタイア。昨年のWestern States優勝のパム・スミス/Pam Smithもリタイアとなり、優勝はテキサスのニコル・スチューダー/Nicole Studerでした。

Sponsored link