[DC] 有力選手紹介・ニュージーランドの100km、Tarawera Ultramarathonは15日土曜日開催

Tarawera Ultramarathon
Sponsored link

Ultra-Trail World Tourの第3戦となるVibram Tarawera Ultramarathon/ビブラム・タラウェラ・ウルトラマラソンは今週末の3月15日土曜日に開催されます。ニュージランドの北島で開催され、メインイベントとなる100kmのレースは温泉で有名なロトルア/Rotoruaからカウェラウ/Kawerauに向かう累積獲得高度2,903mD+の比較的走れるコース。注目の有力選手は次の通り。日本関係では昨年UTMF優勝の原良和/Yoshikazu Hara(Hoka OneOne)が出場予定でしたがケガのため出場見送り。一方妻の原朋子/Tomoko Haraは女子のレースで上位が期待できそうです。

レースは15日土曜日の午前6時30分(日本時間同日午前2時30分)にスタート。

女子

最有力はアメリカのミーガン・アルボガスト/Meghan Arbogast(Scott Sport、アメリカ)。年代別カテゴリーでは50代に入るベテランですが、Western Statesで過去7回にわたってトップ10に入り、100kmのベスト記録は7:41。昨年は二本の柴又100kに出場して優勝しています。ミーガンを追うのはベス・カーデリ/Beth Cardelli(Salomon、オーストラリア)、ショーナ・ステファンソン/Shona Stephenson、オーストラリア)、原朋子/Tomoko Hara(日本)といった展開になりそう。ベス・カーデリは昨年のこの大会で2位の他、TNF 100 Australiaで優勝。ショーナ・ステファンソンは昨年のUTMFで2位に入った後、TNF 100 Australiaで3位に入っています。

そして日本から出場で上位が期待できるのは原朋子さん/Tomoko Hara。100kmのベストは8:04:39(2013年四万十川ウルトラマラソン)で日本のウルトラマラソン界の実力者。原良和さん/Yoshikazu Hara(昨年のUTMF優勝)とは四万十川ウルトラマラソンで2012年、2013年の二回続けて夫婦ともに優勝したことで話題になりました。

2013年の四万十川ウルトラマラソンで夫婦揃って二連覇した原朋子さんと良和さん。Photo courtesy of Yoshikazu Hara

2013年の四万十川ウルトラマラソンで夫婦揃っての二連覇となった原朋子さん(右)と良和さん。Photo courtesy of Yoshikazu Hara

その他には、Sandi Nypaver(INKnBURN、アメリカ)、現在18歳のLucy Bartholomew(Footpro、オーストラリア)などが注目です。

女子の主なDNS

  • ルビー・ミュア/Ruby Muir(Vibram、ニュージーランド):昨年のこのレースで優勝ですがケガのため今年は出場見送り。

男子

男子では今最も勢いあるトレイルランナーのひとり、セイジ・カナディ/Sage Canaday(Hoka OneOne、アメリカ)のレースとなりそう。昨年のこのレースで優勝しており、今年1月にはフルマラソンを2:22で走っています。昨年秋以降のレースでは体調を崩していたりしてよいレースができていなかったので、今シーズンの活躍を占う上でも注目です。

セイジ・カナディを追うのはニュージーランド出身でアメリカ在住のマイク・アイシュ/Michael Aish(Mizuno)となりそう。最近も2月1日のSean O’Brienで2位になるなどアメリカをベースに活躍しており、母国で開催のこのレースには力が入るはず。ニュージーランドのオリンピック代表選手に2回選ばれ、フルマラソンの自己記録は2:13。そこにヴァジャン・アームストロング/Vajin Armstrong(MacPac、ニュージーランド)、UTMF5位の翌月のTNF 100 Australiaで優勝のブレンダン・デイビス/Brendan Davies(Inov-8、オーストラリア)がどのように絡んでくるでしょうか。

そのほかではアメリカのウルトラマラソンの実力者、マイク・ワーディアン/Mike Wardian(Hoka OneOne)、地元オーストラリアのレースで上位常連で1月のVibram HK 100で4位のスコット・ホーカー/Scott Hawker(Hoka OneOne、ニュージーランド)などが注目です。

男子の主なDNS

  • ロブ・クラール/Rob Krar(The North Face、アメリカ):昨年のWestern Statesで2位、TNF 50 Mile Championship優勝など今注目の選手ですが、秋以降のケガのため今回見送り。
  • 原良和/Yoshikazu Hara(Hoka OneOne、日本):股関節の違和感が残っているとのことで今回は出場見送り。現地では妻の朋子さんのサポートをする予定。3月からHoka OneOneのサポート契約が決まったとのこと。

海外メディアの有力選手紹介

Sponsored link