[DC] 前回までをご存知の方もご確認を・2014年コース詳細図が公開 ウルトラトレイル・マウントフジ/Ultra Trail Mt. Fuji 2014 #UTMF

Sponsored link

4月25-27日開催のウルトラトレイル・マウントフジ/Ultra-Trail Mt. Fuji(UTMF)の開催が近づいていますが、本日コース詳細を地形図に示したコースマップが公開されました。前回、前々回との比較で注目点をまとめてみました。

なお、コース全体にわたってストック(トレッキングポール)の使用は認められません。また次の区間が試走禁止区間とされています。

  • A4すばしり(55.7km)からA6水が塚公園(71.5km)まで
  • A7富士山こどもの国(80.5km)-A8西富士中学校(104.4km)の前後(須山口登山道を出て別荘地に入る箇所から天子が岳登山口まで)
  • A9麓(123.3km)の前後(麓山の家から雪見尾根の全体)

【以下、コース図は大会サイトより。】

02 pdf 時計回りコースの最初のエイドステーションとなる「A1 富士吉田」(18.2km)。一昨年と同じの丸勝産業明見工場の駐車場となる模様。昨年の富士小学校とは異なります。

06 pdf 「A4 すばしり」(55.7km)からは一昨年はふじあざみラインの舗装路の登りでしたが、今回は昨年下りで使われたトレイルで自衛隊演習場の入り口まで向かいます。

07 pdf 「A5 富士山御殿場口太郎坊」(65.6km)の前後は一昨年と同じ。一番高いところにある第一駐車場の辺りまで一部往復があります。

08 pdf 「A6 水が塚公園」(71.5km)の前後も一昨年と同じ。逆方向だった昨年とはエイドの手前が若干異なります。

16 pdf 「A10 本栖湖」(138.6km)。エイドステーションは昨年の本栖湖スポーツセンターから先になる本栖キャンプ場へ。ここからUTMFで初めて使われる本栖湖を周回するトレイルへ。

16 pdf 本栖湖周回からパノラマ台、烏帽子岳を経て急坂をおりて樹海のトレイルへ。昨年までのコースに合流します。

18 pdf 「A11 鳴沢」(157.6km)から足和田山を経て道の駅勝山、河口湖畔の遊歩道は一昨年と同じ。フィニッシュとなる八木崎公園は一昨年の大池公園よりは手前となります。

Sponsored link