[DC] いよいよ日本にも登場、SJSスカイランナー・ジャパン・シリーズが富士登山競走など3レースでスタート

Sponsored link

標高の高い山岳コースを舞台に開催されるスカイランニング/Skyrunningについては国際スカイランニング連盟/ISFのSkyrunning® World Seriesのシリーズ戦に加え、世界各国でナショナルシリーズ戦がスタートしています。

そしていよいよ日本でもナショナルシリーズ戦として スカイランナージャパンシリーズが開催されることが発表されました。

「SJS スカイランナージャパンシリーズ」は今年2014年のシリーズから富士登山競走などをプレシーズンとして、スカイランニングの日本の第一人者である松本大/Dai Matsumotoさんが代表のジャパン・スカイランニング・アソシエーション(JSA)が主催して開催。来年2015 年より「本格開催」となります。

2014 年のプレシーズンのシリーズ戦は、ISF 国際 スカイランニング連盟の定義する「SKY」のカテゴリーに該当する以下の3つのレースから構成されます。

ISFによれば「SKY」カテゴリーの定義を、標高 2000m以上、標高差 1300 m以上、距離 50km以下としています。

また、シリーズ戦のレースの結果に基づいて以下のポイントが各選手に与えられ、シリーズを通じた年間チャンピオンが決まります。

  • 3 レースのうち成績の良い 2 レースの合計ポイントを競う。最終戦のポイントは 20%増し。ランキングポイントは上位より、 100–88–78–72–68–66–64–62–60–58–56–54–52–50…となり、男子は上位 40 位、女子は上位 15 位までポイントを獲得できる。
  • 2014 年はプレシーズンのため賞金は無し。2015 年以降は賞金を準備する。
[ via ジャパン・スカイランニング・アソシエーション(JSA)]
Sponsored link