プレビュー・サハラ砂漠マラソン / Marathon Des Sables 2016・1週間、257kmの砂漠の旅はUTWT第4戦

Marathon-des-sables-screen
Sponsored link

トレイルランニングという言葉が知られるはるか前から、砂漠という厳しい自然の中を自分の足で進む耐久レースとして人気を集めているイベントです。今回で31回目となるサハラ砂漠マラソン / Marathon Des Sables(MDS)が今週末の4月10日日曜日から16日土曜日までの日程で開催されます。今年のUltra-Trail World Tour第4戦であり、年間ランキングでのポイントが加算されるセリエ・レーベルの大会です。

5つのステージからなり、食料や着替えは全て携帯

Marathon-des-Sables-logo-squareMDSはモロッコ南部のサハラ砂漠で行われ、コースは5つのステージからなる計257kmに順位に関係ないチャリティ・ランのステージが続く計7日間。各ステージにはスタート地点とフィニッシュ地点が設けられ、全参加者が一斉にスタート。全ステージのタイムを合算して総合順位を決めるというステージレースの形式で行われます。MDSの場合は前のステージのフィニッシュ地点で参加選手は野営をし、そこが次のステージのスタート地点となります。

このMDSのレース形式でとりわけユニークなのが必要な食料や装備を全行程にわたって携帯しなくてはならない、という点です。各ステージを完走して次に備えて野営をする際に主催者から提供されるのは、決められた量の水と寝るためのテントの中のスペース、そして応急手当のみ。1週間分の食料、天候の変化に合わせるためのウェアや着替え、薬や衛生用品といった装備は1週間のスタートの時に全て背中に背負います。そしてその装備の取捨選択や工夫に各参加者がそれぞれ工夫することになります。

砂漠だけに4月いえど日中の気温は35℃から43℃、時には50℃近くに達しますが、夜間は10℃から15℃くらいまで下がります。湿度は10%程度です。

今年のMDSには1,173人がエントリー、その中には39人の日本人(うち6人は女性)が含まれています。今年の参加選手の一覧はこちらから。

コースの発表は大会直前

MDSのコースは毎年異なり、その年のコースが発表されるのは大会の2日前に参加者が揃ってスタート地点に移動するバスの中。最近の場合は最初の3つのステージはそれぞれ30–42kmで朝スタートしてその日のうちにフィニッシュ。4日目の第4ステージは概ね80kmほどで多くのランナーは夜を徹して5日目まで走ります。6日目は第5ステージで42kmを走って、順位のつくレースが終了。7日目は順位に関係ないチャリティ・ランで短めのコースを思い思いに楽しんで走ることになります。

今年のMDSに参加する有力選手

UTWT-Ultra Trail World Tour logoMDS、特に男子のレースでは地元のモロッコの選手が上位を占めることが多いですが、欧州やアメリカからもトレイルランニングで活躍するアスリートが多数参加します。特に女子は欧米の有力選手が顔をそろえることになります。ただ、急な登り下りの続くトレイルのレースと、標高差は小さいものの高い気温の中を重い装備を背負って走るMDSでは試される力も変わってきます。

女子 / Women

昨年優勝のエリザベト・バーンズ / Elisabet Barnes(イギリス在住、スウェーデン)が今年も優勝候補の筆頭に上がります。欧州からは昨年のUTMB、IAUトレイル世界選手権で優勝のナタリー・マクレア / Nathalie Mauclair(フランス)、MDSで3度優勝しているローレンス・クライン / Laurence Klein(フランス)、UTMFで上位常連のフェルナンダ・マシェール / Fernanda Maciel(スペイン在住、ブラジル)。アメリカからはリサ・ハワード / Liza Howardメーガン・アルボガスト / Meghan Arbogast。地元モロッコからはフルマラソンで2:50のPRを持つアジーザ・ラジ / Aziza Raji。香港から出場するワン・チョウ / Wyan Chow Pui-Yanは昨年のHong Kong 100のチャンピオンで香港を代表する女性トレイルランナー。上位入賞が期待できます。

Nathalie-Mauclair-Face

ナタリー・マクレア / Nathalie Mauclair

フェルナンダ・マシェール / Fernanda Maciel

フェルナンダ・マシェール / Fernanda Maciel

2016HK100-WyanChow

ワン・チョウ / Wyan Chow Pui-Yan

男子 / Men

男子ではサハラ砂漠のコンディションを熟知した地元・モロッコの選手が上位を占めそうです。まず昨年を含め3度の優勝経験を持つラシッド・エル・モラビティ / Rachid El Morabity、昨年2位でオリンピック出場経験を持ちマラソンのPRが2時間6分46秒というアブデルカデル・エル・モーアジズ / Abdelkader El Mouaziz、昨年3位のアジズ・エル・アカド / Aziz El Akad。このほかにもロードレースでスピードを誇るランナーが上位を狙っている模様です。

Sondre-Amdahl-Square

ソンドル・アムダール / Sondre Amdahl

アメリカからは2012年のMDSで3位になっているマイク・ワーディアン / Michael Wardian、昨年のアイガー・ウルトラトレイル2位で先月、コロラドのHardrock 100のコースをスキーで踏破してきたばかりのジェイソン・シュラーブ / Jason Schlarb。欧州からは昨年のMDSで6位のホセ・マルチネス / Jose Manuel Martinez(スペイン)、5度のMDS完走経験を持つカルロス・サ / Carlos Sá(ポルトガル)、そして昨年のHong Kong 100で2位、UTMFで4位のソンドル・アムダール / Sondre Amdahl(ノルウェー)。そしてUTMBのファンならご存知、かつて59歳でUTMB優勝を果たしたマルコ・オルモ / Olmo Marco(イタリア)が68歳の今年もMDSに出場します。昨年は18位でフィニッシュしています。

今年も4月10日日曜日にスタートするサハラ砂漠マラソン / Marathon Des Sables(MDS)は各選手が携帯するGPS端末により、ほぼリアルタイムでの状況が大会ウェブサイトで追える見込みです。当サイトも大会の途中経過をTwitterで紹介していく予定です。

Sponsored link
3月31日まで返品送料無料!
新作トレランシューズ試し履きのチャンス!