吉住友里 / Yuri Yoshizumi 比叡山インターナショナルトレイルラン 2016 優勝インタビュー #比叡山50k #Hiei50k

Mt-Hiei-50k-2016-Yoshizumi-finish
Sponsored link

5月28日土曜日に開催された比叡山インターナショナルトレイルラン)で女子優勝の / さんにレース後にインタビューしました。比叡山インターナショナルトレイルランは今年10月にポルトガルで開催されるIAUトレイルランニング世界選手権の日本代表選考レースの一つとして開催されました。

この日の吉住さんは5時間44分でフィニッシュし、これは男子優勝の大瀬和文、大杉哲也からわずか14分半の差で男女総合で5位という記録。女子の後続に1時間15分という大差をつける圧勝でした。

今回が初めての50kmという距離のレースでしたが、「マイペースを心がけて走っているうちに」今回の大記録を作ることになったといいます。最近はトレイルの登りにも慣れ、山を走ることが楽しくて仕方ないとのこと。もともと陸上競技の経験はなく、マラソンへの挑戦からランニングを始めましたが、淡々とペースを守って走ることができる自分の力に気付いたそうです。何がその圧倒的な走力を可能にしているのか、という質問に対しては「たくさんの方の応援が力になります。私が走るのを喜んでくれる人がいると思うと力が湧いてくるんです」と答えてくれました。今シーズンは秋のZao Skyrunnningのバーティカル・キロメーター(スカイランニング日本選手権)で優勝して世界選手権の日本代表となることが目標です。

吉住友里さんとのインタビューは下から。今回の比叡山インターナショナルトレイルランを振り返った当サイトの記事はこちらからご覧ください

Sponsored link