ハセツネ30k 2017 リザルト

Sponsored link

コースはトレイルが少なめの17kmとなりましたが、今年も今シーズンのトレイルランニング界を占ううえで注目の結果に。4月2日日曜日に開催されたトレイルランニングレース、ハセツネ30Kが開催されました。大会前日にコースが大幅に短縮され、ロードの登りを中心とした17kmとなったレースを制したのは日本のトレイルランニング界のプリンス、 と、フルマラソンで日本トップクラスの実績を持つ でした。コースは短くなったものの、今年のハセツネ30Kも若手のロードレースで活躍するアスリートの活躍が印象に残る大会となりました。

この日の展開

ハセツネカップ大会の前週から日本列島は春の寒波に見舞われましたが、ハセツネ30Kのコースとなる東京・あきる野も例外ではなく、コースの一部には雪が残ったまま。さらに週後半に降った雨の影響か、大会前日に盆堀林道で法面の崩落がありました。こうした状況を踏まえて大会前日にコースを短縮して17kmのレースとして開催することが発表されました。コースの中盤となる入山峠から醍醐丸を経て再び入山峠に戻るループ部分(およそ11km地点から24km地点まで)がコースから外れました。 

Hasetsune30k17-20170402-Q4024683

スタートから約2km、上田瑠偉と市川創史の二人が並んでリードする。

 これにより今年のハセツネ30Kは入山峠まで登りの舗装林道の11kmののち入山峠からややウェットなトレイルの下り、というレースとなりました。入山峠からトレイルに入るところではランナーの渋滞もあった様子です。

男子のレースは20代の上田瑠偉と市川創史 Soushi Ichikawaの二人が並んでリードし、その背後を40歳の小林誠治 Seiji Kobayashiが追う展開。入山峠まで上田と市川は並走を続けていましたが、トレイルの下りに入ってから、トレイルの経験で勝る上田瑠偉がリードして優勝を勝ち取りました。2014年のハセツネCUPを7時間1分の大会新記録で優勝して以来、国内の大会で優勝を重ねているのみならず、昨年はUTMBの100kmのレース・CCC2位、スカイランニング・ユース世界選手権優勝と世界に活躍の場を広げている23歳の上田。レース前には冬の間は不調が続き十分な練習が積めていないと不安を漏らしていましたが、この日は見事競り合いを制しました。2013年にこの大会で優勝して以来、2回目の優勝です。

Hasetsune30k17-20170402-Q4024814

2014年に続いて2回目の優勝を果たした上田瑠偉。

2位の市川創史は、今年の箱根駅伝で国学院大の5区の山登りの区間を走った選手です。今春、国学院大を卒業したばかりで、社会人として初めてのレースにハセツネ30Kを選び、上田に1分42秒差でフィニッシュしました。22歳の市川がこれから本格的にトレイルランニングに取り組むなら、見逃せない存在となるでしょう。3位の小林誠治は三菱重工長崎(現・MHPS)の実業団ランナーとして駅伝、マラソンで活躍し、フルマラソンのPRが2時間10分38秒(2009年別府大分、2位)という実績の持ち主。最近では九州を中心にトレイルのレースで若手ランナーに交じって上位を走っています。今回も20代の二人に引けを取らない走りを見せました。

市川創史(左)は今年の箱根駅伝5区を走ったランナー。

Hasetsune30k17-20170402-Q4024859

小林誠治は「今も若い選手と走れるのが楽しい」と笑顔で話す。

4位には2015年ハセツネCUPで2位の三浦裕一 Yuichi Miura、5位には大瀬和文 Kazufumi Ose、6位に大沢正和 Masakazu Osawaが続きました。なお、一昨年昨年優勝の奥宮俊祐 Shunsuke Okunomiyaはこの日は風邪気味、上位にはおよびませんでしたが完走しています。

女子のレースは大方の予想通り、フルマラソンPRが2時間28分43秒でロードレースで活躍する吉田香織 Kaori Yoshidaが1時間16分2秒で優勝しました。吉田は2013年からの2年間はドーピング違反による資格停止期間でした。8分半の差で2位になったのは望月千幸 Chiyuki Mochiduki。昨年まで実業団(キャノンアスリートクラブ)の長距離選手として活躍し、2014年、15年にサロマ湖100kで連覇、2014年IAU100k世界選手権で2位とロードのウルトラマラソンで才能を発揮しているアスリートです。昨年の菅平42kで2位となったのがトレイルランニングのレース初挑戦で、今シーズンはもっとトレイルのレースにチャレンジしていきたい話していました。3位は昨年のこの大会で2位、ハセツネCUP優勝の高村貴子 Takako Takamuraでした。

今回2位となった望月千幸(左)。これからトレイルをもっと走りたいと話しました。

Hasetsune30k17-20170402-P4026490

昨年のハセツネCUP女子チャンピオンの高村貴子は「3位に入れてうれしい」。

4位には湊瑛穂 Akiho Minato、5位は昨年優勝の山室宏美 Hiromi Yamamuro、6はロードレースのベテラン選手として知られる石川操 Misao Ishikawaがそれぞれ続きました。

ハセツネ30K 2017 リザルト

全体のリザルトはこちらから。

Hasetsune30k17-20170402-Q4025093

優勝した上田瑠偉(左)、吉田香織(中央)にはRxLよりハセツネ30Kのチャンピオン・ウェアが贈呈されました。

男子 Men

  1. 上田瑠偉 Ruy Ueda(Columbia Montrail/Mountain Hardwear) 1:05:59
  2. 市川創史 Soushi Ichikawa 1:07:41
  3. 小林誠治 Seiji Kobayashi 1:08:07
  4. 三浦裕一 Yuichi Miura(Columbia Montrail/Mountain Hardwear) 1:08:22
  5. 大瀬和文 Kazufumi Miura(Salomon) 1:09:04
  6. 大沢正和 Masakazu Osawa(inov-8) 1:09:16
  7. 名取将大 Masahiro Natori(La Sportiva) 1:09:31
  8. 牧野公則 Masanori Makino(Salomon) 1:09:44
  9. 土屋克則 Katsunori Tsuchiya 1:10:26
  10. 古賀聖 Hijiri Koga 1:11:33
  11. 佐渡学 Manabu Sado 1:11:46
  12. 町田知宏 Tomohiro Machida 1:11:55
  13. 中島崇晴 Takaharu Nakajima 1:11:58
  14. 酒井敦志 Atsushi Sakai 1:13:04
  15. 津田修也 Shuya Tsuda 1:13:15
  16. 小林彰人 Akihito Kobayashi 1:13:18
  17. 柳原真人 Masato Yanagihara 1:13:20
  18. 細山雄一 Yuichi Hosoyama 1:13:32
  19. 木村隼人 Hayato Kimura 1:13:42
  20. 佐谷尚紀 Naoki Satani 1:13:50

男子表彰台。左から2位の市川創史、優勝の上田瑠偉、3位小林誠治、4位三浦裕一、5位大瀬和文、6位大沢正和。

女子 Women

  1. 吉田香織 Kaori Yoshida(TEAM R×L) 1:16:02
  2. 望月千幸 Chiyuki Mochizuki 1:24:44
  3. 髙村貴子 Takako Takamura 1:27:25
  4. 湊瑛穂 Akiho Minato 1:29:47
  5. 山室宏美 Hiromi Yamamuro (Columbia Montrail/Mountain Hardwear) 1:30:49
  6. 石川操 Misao Ishikawa 1:32:46
  7. 柿本恵理 Eri Kakimoto 1:35:09
  8. 川本和美 Kazumi Kawamoto 1:35:32
  9. 林絵里 Eri Hayashi 1:36:21
  10. 久津間紗希 Saki Kutsuma 1:36:22

女子表彰台。左から2位の望月千幸、優勝の吉田香織、3位高村貴子、4位湊瑛穂、5位山室宏美、6位石川操。

Sponsored link