#019 特別編・前半ペーサーのいいのわたる、大瀬和文の両選手に聞く・丹羽薫「SHIGA1」FKT完走まであと少し!【ポッドキャスト・Run the World】

Run the Worldはチャンネル登録しておくことができます。
Anchor / Spotify / Apple Podcast / Google Podcast / Breaker / Overcast / Pocket Cast / RadioPublic

6月1日月曜日午前9時に丹羽薫 Niwa Kaori選手が滋賀県を囲む県境の山々に沿う形でぐるりと一周する420kmのトレイル、「Shiga1(シガイチ)」を大津港から走り始めて6日目。当サイトの岩佐は351 km地点の朽木小川でこの挑戦を取材しました。今回のエピソードは、取材中にオンラインでいいのわたる、大瀬和文の両選手にインタビュー。前半のペーサーを務めて帰宅したお二人と、この日初めて目の前で丹羽薫さんの今回の様子を目にした岩佐が語り合います。話題はペーサーの両選手がシガイチのトレイルを走った印象、コース上での丹羽選手の様子、これまでの丹羽さんとのレースの経験から感じる丹羽薫さんの強み、といったテーマについて話しています。

Sponsored link


予定では6月7日日曜日の午後から夜にかけての時間に大津港にフィニッシュする予定。丹羽選手のサポートチームからは、新型コロナウィルスの感染拡大につながらないよう、大津港に応援に来られる場合には、互いに2m以上の間隔を保つこと、マスクを着けること、大声での声援を控えることといった「感染拡大予防ガイドライン」に沿って行動することを呼びかけています。

今回は野外でややインターネット回線が不安定な中での収録となったため、音声がやや聴きづらくなっております。ご了承ください。

丹羽さん、そしてともにFKTに挑戦する田口穣さん(トレイルフェストランニングカンパニー)のスタート後の様子はIBUKIやサロモンのSNSアカウントで随時紹介されています。GPS端末によるリアルタイムの現在地はIBUKI LIVEで。また、サロモンでは13人のサロモンアスリート・アンバサダーが走行した距離の合計1000㎞を目標とする「サロモン1000km RUNチャレンジ」を開催、SNSでアップデートしています。

(2020年6月6日収録)

ポッドキャスト番組・”Run the World”の今回のエピソードはこの記事の下の再生ボタンを押すとお聞きいただけます。このほか、AnchorやSpotify、Apple Podcastなどで配信しています。チャンネル登録しておけば、新しいエピソードも既に公開済みのエピソードも見逃すことがありません。ぜひチャンネル登録してみてください。

Anchor / Spotify / Apple Podcast / Google Podcast / Breaker / Overcast / Pocket Cast / RadioPublic

  • 写真・
  • 音楽・未来向きトライアド / Audiostock、da ta 3 / Audiostock
Sponsored link