カナダのケベック・メガ・トレイル Quebec Mega Trail が今週末開催、グランカナリア・ワールドトレイル・メジャーズの第8戦

カナダ東部のケベック州で今週末7月5日(金)から7日(日)にかけて、ウルトラトレイルランニングの大会ケベック・メガ・トレイル Quebec Mega Trail (QMT)」が開催されます。QMTはグランカナリア・ワールドトレイル・メジャーズ Gran Canaria World Trail Majors (GCWTM)の第8戦となっており、世界中から3300人以上のランナーが集まります。

メインレースに位置付けられるのは160km、累積標高差6500mD+のQMT 100 Mile です。ケベック市の北東に位置するシャルルボワ Charlevoix をスタートし、セントローレンス川沿いに延びる尾根を走り、モンサンタンヌ Mont-Sainte-Anne のゴールを目指します。途中では森林やツンドラ環境を駆け抜け、ランナーはキツネ、リス、鹿、ヘラジカ、時にはクマにも遭遇することでしょう。

Sponsored link


QMTでは100マイルの他にも、1kmのキッズレースから110km、80km、50kmなど、あわせて10のレースが用意されています。モンサンタンヌは冬はスキーとスノーボード、夏はマウンテンバイクのワールドカップが開催される一大アウトドアの聖地です。

(All Photo © Quebec Mega Trail / Gran Canaria World Trail Majors)

100マイル女子の優勝候補

女子の優勝候補筆頭は、昨年28のウルトラレースに出場したクレア・バンワース Claire Bannwarth (FRA, ITRA PI 721)でしょう。今年は既に6レースを走り、その距離は1300kmを超えています。4月のマデイラ・アイランド・ウルトラトレイル(MIUT)では4位入賞。GCWTMランキングは現在25位となります。

ドミニカ・ステルマック Dominika Stelmach (POL, 752)はトランスグランカナリアで4位となっているほか、12時間走で152kmを記録した経験も持ちます。現在GCWTMランキング26位。アリッサ・クラーク Alyssa Clark (USA, 699)は今月初めの San Diego 100 で優勝したばかり。地元のミレーヌ・サンスーシー Myléne Sansoucy (CAN, 678)、昨年の覇者ケルシー・ホーガン Kelsey Hogan (CAN, 643)らにも注目です。

100マイル男子の優勝候補

男子は昨年のチャンピオンでコースレコード保持者のサンゲ・シェルパ Sangé Sherpa (NEP, 839)の連覇に注目が集まります。香港とトランスグランカナリアでの好成績で、GCWTMランキングのトップ25に入っています。

アベル・カレテロ Abel Carretero (ESP, 886)で、トランスグランカナリアで4位、先日のスイス・キャニオントレイルでは3位。ランキングをリードする中国勢に続くGCWTMランキング4位につけています。ルイス・フェルナンデス Luís Fernandes (POR, 867)はMIUTで6位、アンソニー・リー Anthony Lee (USA, 829)は3週間前のBighorn 100で優勝したばかりです。フェルディナン・エロー Ferdinand Airault (FRA, 803)はブラックキャニオン・ウルトラで12位、MIUTで8位と安定した成績を残すアスリートです。

地元のエリオ・カルダン Elliot Cardin (CAN, 804)は昨年のQMT50で2位、今年のブラックキャニオン・ウルトラで8位。20歳のフィリップ・プーラン Philippe Poulin (CAN, 705)は昨年のこのレースで3位でした。

これも読む
トレイルランニングの新しい国際シリーズ「World Trail Majors」が発足、Mt. FUJI 100 を含む世界の9大会が多様性、リスペクト、持続可能を掲げる

その他のレース

110km、80km、50kmの部門にも多くの強豪が名を連ねる。110kmはマリア・ファティマ・ブーシャス Maria Fátima Buchas (POL, 680)、サマンサ・スティマック Samantha Stimac (USA, 677)、80kmはジュヌビエーブ・アスラン=デメール Geneviève Asselin-Demers (CAN, 710)、50kmはアメリ・シマール Amélie Simard (CAN, 670)、エリック・リプマ Eric LiPuma (USA, 885)らが優勝候補に名が上がります。

25kmには前週のモンブランマラソンから転戦するモード・マティス Maude Mathys (SUI, 805)の出場が予定されており、高速レースが期待されます。

大会の見どころ

QMTの見どころは変化に富んだコースです。クレーターの中を走り、川沿いの尾根伝いに、森林やツンドラを駆け抜ける。100マイルの制限時間は40時間で、13か所のエイドステーションが設置されて選手を支えます。

大会の模様はソーシャルメディアやライブ配信で追うことができます。ライブ配信は英語とフランス語の2か国語で行われます。

(Source: Gran Canaria World Trail Majors)

この記事が気に入ったらDogsorCaravanをBuy Me a Coffeeで直接サポートできます!

Buy Me a Coffee

Sponsored link