サロマ湖100キロ:長い移動と生存競争

Sponsored link

本日は旭川空港から受付&スタート地点の湧別町へバスへ移動。約3時間くらい。
雲一つない快晴で日差しが強く、体感的にはかなり暑いと感じる。湿度は多少東京よりは低いか。
今回はいつもトレランでご一緒している男塾つながりのメンバー五人で遠征。
3時過ぎに湧別町の受付会場に到着。受付はスムーズ。周りを見渡してみると、エントリーしているランナーは全般に年齢が高めな印象。そういえばバスの中でもサロマ湖は24回目!というサロマンブルーならぬサロマングランドという方がいらっしゃった。拙者などまだまだ若い方、という雰囲気。そういえば今回のチームの五人では最年少だし。
スタート地点の公園には聞いていた通りテントが多数。温浴施設が近いらしいので、テントも十分ありだと思う。
そのまま開会式&前夜祭の会場に向かうが飲み食いタダで食べ物は残り僅か。しかしそこは生存本能に長けた男塾メンバーが才能を発揮していただいたお陰で食い物にありつけた。
これからバスで網走市能取湖畔の宿へ向かう。明日も天気はよさそうなのでなかなか厳しいレースになりそう。ロードレースで100キロのウルトラマラソンは初めて。安定したペースとフォームを維持し続けること、計画的な補給を優先して走り抜くことを課題にしようと考えている。

– Posted from my iPhone

Sponsored link

Sponsored link