[hiking] Hiker’s Partyにいってきた

Sponsored link

連休最後の月曜日。ハセツネから戻って、洗濯を済ませたあと、三鷹へ。ステキなアウトドアショップ、ウルトラライトなハイキングのメッカである、Hiker's Depotさん主催のHiker's Partyの夜の部に参加するためだ。

Hiker's Depot – Hiker's Party 2010 Special 無事終了

少し早めにいって、お店を探索。お客さんがたくさん。アメリカ・PCTの数ヶ月に及ぶスルーハイクから戻られたHさんがお店番。

いろいろ眺めて、今日はガレージメーカーのものと思われるショルダーハーネスにつける小物入れとRabのUltra Biviを購入。後者はタープ&ビビィのスタイルにチャレンジするため。いわゆるシュラフカバーだが、透湿性もあるのでテントの中で使うのにもよく、M社のブリーズドライテックのものよりも使い出がよくオススメ、とのこと。

IMG_1082

さて、その後、ステキなカフェに移ってハイカーズパーティ開始。ハセツネ完走後にもかかわらずやってきたoharinさん、トレラン&ハイキング志向のruさんと合流。

PartyではGossamer GearファウンダーのGlen Van Peskiさんがウルトラライトなハイキングの考え方についてレクチャー。「ウルトラライトサイクル」という考え方が印象に残った。これは、求める快適性を設定し、そのための道具を用いてみて、得られた経験をもとにまた求める快適性を調節するというもの。ただ軽量な道具を買い求めるだけではなく、経験から学ぶことが大事。食料や装備も重さを量ってハイキング前後でどれだけ変わるかをちゃんと調べるべき、とのこと。なるほど。

このパーティでは、有名アウトドアブログ「山より道具」のULGさん、twitterではじけたアウトドアライフを垣間見せてくださる福井原人ことkackyさんともご挨拶。そして最後にはHiker's Depotオーナーの土屋さんと記念写真。

IMG_1090

最近はトレイルランばっかりで全然ハイキングをしていないが、もっと普通に山を歩く活動をしたいと感じた夜。

Sponsored link

Sponsored link