[UTMB] 「トレイルランニング」じゃなかった!UTMB2011を完走

Sponsored link

先週末に開催されたUltra-Trail du Mont Blanc。8月26日土曜日の23:30にフランス・シャモニーを出発した2011年のUTMB。天候の影響などでさまざまな変更を経て、結果として例年にないハードなレースとなった170km、9700mD+のUTMB2011に当方もチャレンジし、38時間半後の午後2時ごろ、シャモニーでフィニッシュすることができた。

たくさんの方からさまざまな形で応援、励まし、お祝いのメッセージを頂戴し、感謝しています。

これから備忘としてのレースレポートを細切れに残そうと考えている。レース後からフィニッシュ翌日の日本へ戻る機内の現在まで、レース全体に関する情報も細切れにしか追えていないが、今の時点での気づきを書き留めておこうと思う。

下は雨が降り続くスタートラインに向けて、フル装備の@n2n2noriさんと。


1.UTMBは「トレイルランニング」じゃなかった!

雷雨の強い時間を避けるため、スタート時間を23:30に繰り下げてスタートしたUTMBだが、夢中で走り始めた夜が明けて気づいたのは、これは最低限の荷と共に軽快に山を駆ける、自分が思っていた「トレイルランニング」ではない、ということだった。今回7位に入賞された鏑木毅さんによれば「山岳レース」、私の率直な印象では「長時間早足山登り大会」。当方の前後では平坦なロードや林道も含めて長いコースの中で走る人は多くなかった。トレッキングポールを使って早足で歩いている。しかしその歩きは早く、自分よりも軽々と傾斜のある登りを進んでいくのに「これではとても自分はついていけない」と打ちのめされた。
いいとか悪いとかいう話ではないが、UTMBとは通常トレイルランニングと呼ばれているものとはちょっと違うもののようだ。

2.執着心がなければフィニッシュできない

完走した驕りと思われるかもしれないが、実感した。100マイルを越え、ほとんどのランナーが24時間以上かかるコースでは、肉体も精神も途中で投げ出す理由は次々に現れる。それらを理解し検討した上で前に進むかどうかはフィニッシュ地点にたどり着くことへ執着心の程度にかかってくる。また、その執着心がレース前の準備にも影響するだろう。逆にいえば執着心があれば肉体や精神の不満を抑えて前へ進める。UTMBの制限時間であれば多くの人に可能性は開かれているように思った。
ただし、「執着心がなければフィニッシュできない」としても「執着心さえあればフィニッシュできる」とは限らない。後者との誤解は大きな代償につながる。
なお、インターネットで当方のレース中の主なチェックポイントの順位が後半に少し上がっているのをご覧になった方からは、後半に追い上げたとお褒めをいただいた。しかし、実際のところ、本人としては淡々と前へ進み続けていただけだった。それだけ多くの人が途中で棄権したのだろうが、ここにも執着心は影響したかもしれない。

3.「楽しむ勇気」の本当の力?

レース前に鏑木毅さんの「楽しむ勇気」という言葉について書いたが、自分もそれを体験できた気がした。今回のUTMBはコースが一部変更された。122キロ地点のChampex lacから140キロあたりのTrientの間の変更に当たってはレース中に変更が決まった(噂はあった)。変更区間については何の情報もなく、122キロを終えた足で道のルートを進むのは、今思えばあり得ない苦痛だ。しかしレース中は前後のランナーと悪態をつきながらも、ミステリーツアーでもしているような楽しさもどこかにあった。
こうした経験ができ、その可能性を知ることができたのもUTMBというイベントがあってこそだろう。

– Posted from my iPhone

Sponsored link

Sponsored link

  • 知清

    お疲れ様でした!ノリさん共々ライブで応援してました。

    序盤から中盤過ぎまで、2桁順位から100位前後を走っていた日本人選手がシャンぺ湖?辺りで軒並みリタイヤしていたのは、急なコース変更で気持ちが削がれたからかなと思いながら記事を読みました。

    ご一緒したセミナーで鏑木さんが「モンブランは針山で急峻だ。UTMBはその中でも、考えられる最も走れるトレイルを繋いだコースになっている。」と現地の地図を広げて言われていたのを思いだしました。しかし、それはトップ選手の感想で、実際はとても走れるコースではないのかなと記事を見て思いました。

    それと執着心!気持ちが切れる要素はいくらでもある中で、ゴールに漕ぎ着けるには、心の最深部にこれがないといけないんだなと思いました!

    貴重な体験談や感想が聞けました。過酷を極めた今大会だったと思います。改めてお疲れ様でした!

    • 知清さん
      熱いコメントありがとうございます!
      あと、一つ書き忘れてたんですが、まさに道のりが旅なんですよね。
      あとで書きます。

  • 知清

    すみません。追記になります。

    執着心と遊び心のバランスが大切かなと、じっくり記事を読み思いました。

  • まるママ

    完走おめでとうございます。
    何年か前、私が100キロマラソンに挑戦する時、ある作家のウルトラ体験記を見て印象に残っている言葉です。
    「体の中では会議が行われている。いろいろな箇所から文句ややめる為の理由が繰り広げられ、終いには机を投げ出したくなる」
    当日は時折この言葉を思い出し、机を投げ出すことはありませんでしたよ(^^)
    これからUTMBを目指している人にとってはゆるふわさんのブログはとても参考になり、その地に立った時、思い出し、励みになるものだと思います。
    ツアー引率も含め、本当にお疲れさまでした。

    • ママさん、
      あ、やっぱり元ネタがバレましたね^^; 書きながら何処かで読んだな、、と思ってました。
      いろんなトレイルランを紹介していけたらいいなあと思う今日この頃です。