ランニング日記:夜のハセツネコース・ナイトラン

梅雨も明けて真夏日が続くが、今週末は男塾一のストイックさで静かに向上心を燃やし続けるJOZY王子の企画で10月に行われるハセツネのコース後半部分で夜間走行の練習へ。秋に初めてハセツネを走るという方々を中心に女性7人、男性4人が土曜日夜の武蔵五日市駅に集合。当方も途中で皆さんに多少の飲み物や食べ物を提供すべく、荷物をいつもより増やしてBlack DiamondのRPMに詰め込んで参加。

Firefox

Sponsored link


まずは駅からバスに乗って小岩へ。さらに歩いて藤倉の集落へ。夜のせいもあって山深さを感じるが皆さんでわいわい話ながら歩く。山の向こうには既に雷が来ているようでピカピカ光っている。

午後9時過ぎには藤倉に到着、陣馬尾根に取り付いて小河内峠を目指す。予報通りこの途中で雨が降り出したのでレインウェアを着る。小河内峠へは先頭で登らせてもらったが、初めてにもかかわらずあまり迷うようなところは少なく、概ね順調に登れた。しかし雨はどんどん強まり、雷も一時はかなり近づいてきて、雷光と雷鳴がほぼ同時に聞こえたときはみんなでしゃがみ込んだことも。

10時頃には小河内峠に出て、ハセツネのコースに到着。御前山まではやや長い登りで、強まる雨でトレイルには水が流れているが足を濡らしながら前進。11時半頃に御前山に到着。かなり順調なペース。御前山山頂前後はやや足場の悪いところもあるが、皆無事にクリア。

御前山から大ダワに向かう途中で雨も上がる。当方もトレッキングポールを使って快調に進む。さらに大岳山には午前1時頃到着。大岳山頂前後は岩場でかなり厳しいところもあるが、皆さん安全にクリア。山頂での休憩中に夜空の雲に切れ間ができて月が顔を覗かせた。月明かりの明るさを実感。当方も、ここでナルゲンボトルに詰めて持ってきたアメリカンチェリーを皆様にサービス。

ここまで来れば厳しいところは少なく、御岳山方面へ出発。途中でJOZY王子による間違いやすい分岐の解説などを交えつつ進む。当方は後ろの方に下がって、@n2n2nori さんと前後して歩く。御岳山・長尾平で少し長めの休憩。午前3時の少し前くらい。

日の出山には日の出を眺められるように午前4時過ぎ頃到着。目の前に広がる東京方面の夜景が美しい。明けゆく空を見ながら長めの休憩。しかし、前日に富士登山競走に出場、応援されてきた皆さんはこのあたりで眠さも頂点に達していた模様。当方はここでボトルに詰めてきたコーヒーを皆様にサービス。

日の出山からは最後の10キロの下り。麻生山手前あたりまで来ると、空は雲一つない快晴となり気温もどんどん上昇。JOZY王子はトレーニングモードに入り、少しペースを上げてどんどん下っていく。最後はのんびり歩きながら、午前7時過ぎに五日市会館前に到着。無事、全員大きなケガもなく、夜のハセツネコースを走りきることができた。

駅近くのコンビニで少々補給。汗を流せる瀬音の湯のオープンは10時から。バスやクルマで皆さんは瀬音の湯へ移動するが、一部メンバーはロードを走って移動することになり、当方も参加。4キロちょっとのロゆるい登りのロードを走って汗を絞りきる。

瀬音の湯が開くまでは、JOZY王子の案内で秋川で水遊び。冷たくて気持ちがいい。40前後の男女が童心に返って水遊びというのもなかなか愉快だ。

その後は温泉に入って汗を流し、昼食を取ってから電車でクタクタになって帰宅。参加された皆様お疲れ様でした。企画してくれたJOZY王子はありがとうございました。夏の楽しい思い出がまた一つ増えた。

Sponsored link