[DC] News Clips – February 5, Wednesday

今週末のフィリピン・ルソン島のスカイレース、先週のアメリカの100マイルで3位の18歳の高校生、HK100のビデオ、心拍計の意義など。

  • 今週末、2月8日(土)開催のPlLIPINAS AKYATHLON®(Philippine International )。フィリピン・ルソン島のウゴ山(標高2162m)の山頂を往復するルートで距離は35.3kmで累積獲得高度2616mD+。フィリピンのスカイランニング競技団体による「Asian Mountain Race Circuit」の一戦。日本からも松本大さん、近藤敬仁さん等が参加。スタートは現地時間午前6時(日本時間午前7時)。
    2014 PlLIPINAS AKYATHLON®: The 3rd Philippine International SKYRACE™
    JAPAN Skyrunning TeamのFacebookページ
  • ランニングについての科学的な読み物で毎回参考になる「Sweat Science」。同じペースで走ってもトレーニングを重ねることで心拍数が低くなる。常識のように思えるが、実際には体調などに左右されて日によって心拍数は左右される。そこでGPSウォッチ&心拍計で毎回自動的に記録しておくと後でトレンドを追いやすい。
    Tracking Fitness With the “Heart Rate-Running Speed Index” | Runner’s World
  • 当サイトでもお伝えした先週末のアメリカで注目の100マイル、Rocky Raccoon 100で優勝したカリフォルニアのMatt Layeのインタビュー。先シーズンは5kmや10kmのクロスカントリーを中心に走っていて、100マイルは初挑戦。San Francisco Running Company(サンフランシスコのランニングショップ)を中心とするコミュニティの盛り上がりについてもふれている。
    Matt Laye, 2014 Rocky Raccoon 100 Champion, Interview
  • そのRocky Raccoonを13:57で3位でフィニッシュしたのは18歳の高校生、Jared Hazen。100マイルは2回目だがフルマラソンは走ったことがないという。この日のシューズはNew Balance/MT110で問題なく完走。Western Statesでの走りが楽しみ。
    Jared Hazen Post–2014 Rocky Raccoon 100 Interview
  • Fabrice Perrin(UTWTのオペレーション・マネージャー)がレースを走りながら撮ったVibram® HK 100の動画。
    Vibram® Hong Kong 100 – January 2014 – Video Race Report from Fabrice Perrin on Vimeo.

ウルトラ・トレイルランニングに関する情報をクリップするFlipboardのマガジン、Trailblazer – by DogsorCaravan.com ではコメントを付ける前のニュースソースをリアルタイムでご覧いただけます!スマートフォン、タブレット、PC、Macなどでご覧いただけます。

Sponsored link