高村貴子 Takako Takamura ハセツネCUP・日本山岳耐久レース 2018 優勝インタビュー

10月7日(日)に開催された日本山岳耐久レース(ハセツネCUP)で三年連続で優勝を勝ち取った さんに、一夜明けた大会会場でインタビューしました。


初めて出場した2015年に3位となり、翌年から今回まで三連覇を達成した高村さんを昨年の当サイトはプリンセスと呼びましたが、今回の三連覇でクイーンと呼ぶべき存在となりました。

Sponsored link


その高村さんにとっても、スタート直後の暑さと強い日差しに苦しむことになりました。ペースを抑えなくてはいけないとわかっていても周囲のペースに合わせて進んでいるのでペースを落とせない。「浅間峠では地獄を見た」といいます。それでも、日没後に気温が下がり、「月夜見第二駐車場が近づいてくると体が動くようになった」というあたりは、やはり非凡な力の持ち主です。

先月にイギリス・スコットランドで開催されたスカイランニング世界選手権・Ring of Steall Skyraceでは世界のトップ選手の中で10位になって注目されましたが、国内の様々な大会の中で「ハセツネCUPが一番好き」だという高村さん。走り続けられる限りハセツネCUPには挑戦を続けていきたい、と話してくれました。しかし、まずは翌週に控えた大学の試験に向けた勉強に励みます、と笑顔を見せました。

高村貴子さんとのインタビュー動画は以下からご覧いただけます。また今回のハセツネCUPについての当サイトのリザルト記事はこちらからご覧ください。

Sponsored link