Jaybirdから左右独立の完全ワイヤレスイヤホンの新モデル、「RUN XT」

アメリカを拠点とするランナーのためのワイヤレスイヤホン・ブランド、「Jaybird」(ジェイバード)は左右のイヤーピースが独立した完全ワイヤレスイヤホン、「Jaybird RUN XT」を2月7日木曜日に発売します。現行モデルの「Jaybird RUN」の特徴を受け継ぎつつ、IPX7を取得したほか、ソフトウェアの改善により接続の安定性も向上しています。

ランニング向けの完全独立イヤホンがアップデート

Sponsored link


Jaybirdのワイヤレスイヤホンはいずれも防水性や走っても耳から外れにくく高いフィット感といったランニングに求められる機能を備えています。完全ワイヤレス型の製品もその例外ではなく、現行の「RUN」も高い防汗性を備えていましたが、新しい「RUN XT」では改めてIPX7の規格を取得。完全ワイヤレス型のイヤホンでIPX7という高い防水性の規格を満たしている製品は少なく、ランナーにとっては見逃せない存在です。

完全ワイヤレス型のイヤホンはスマホなどプレイヤーとの接続に加えて左右のイヤーピースの接続を安定させるため高度な技術が必要とされます。「RUN XT」ではイヤホンのソフトウェアを改善したことで「RUN」よりもさらに安定した接続性を実現しています。

さらに現行の「RUN」にはなかったBlack、Grayの新色での展開となっています。

このほか、イヤホン単体で最大4時間+ケース兼バッテリーが8時間で計12時間の音楽再生が可能、イヤーチップ・イヤーフィンの組み合わせで高いフィット感、スマホアプリのイコライザー機能で本体をカスタマイズ、といった機能や重量などのスペックは「RUN」から引き継いでいます。

製品概要

  • Jaybird RUN XT
    • 参考価格:23,880円(税抜)
    • 発売日(予定):2019年2月7日(木)
    • イヤホンタイプ:インイヤー(カナル型)
    • 本体サイズ(幅 x 奥行 x 高さ):14.3 mm x 19 mm x 19.5 mm
    • 重量:6.83 g(本体のみ)
    • 本体カラー:BLACK、GRAY
    • 電源:リチウムイオン電池
    • 充電方式:USB充電
    • フル充電時間:約2時間※ (急速充電5分=1時間)
    • 連続再生時間:最大12時間※ (本体4時間 + 付属充電ケース8時間)
    • ワイヤレス通信距離:10m※
    • ワイヤレステクノロジー :Bluetooth(R)4.1
    • ドライバーサイズ:6mm
    • 出力:最大 12mW RMS(with level limit)
    • 入力感度:103 +/- 2dB@1KHz
    • 周波数特性:20Hz – 20kHz
    • インピーダンス:16Ω
    • マイク入力感度:-38dB +/- 3dB(測定条件:1KHz, 0dB=1V/Pa)
    • 内蔵マイク:MEMS、全指向性
    • システム要件/対応デバイス:
    • 対応デバイス~HFP、HSP、A2DP対応のBluetooth(R)デバイス
    • コーデック~Bluetooth SBC
    • プロファイル~Handsfree、Headset、A2DP、AVCRP、SPP
    • コントロール:電源ON/OFF、Siri/グーグルアシスタント起動、再生/一時停止、ペアリング、通話/終話、早送り/通話拒否など
    • 保証期間:1年間

※使用方法やデバイスによって異なる場合があります。

Sponsored link