DC Weekly 2020年5月28日 – コロナの時代のレースの形

国内、海外の主なトレイルランニング、ウルトラマラソンの大会日程を網羅する当サイトのレースカレンダーでは今年の予定を随時アップデートしています。まだ掲載していない大会についての情報のご提供、掲載済みの大会についてのご指摘を歓迎いたします。

今週は当サイトのウェブサイトのメンテナンスで一時、接続できなかった時間帯がありました。今後、安定して運営していくように努めます。

Sponsored link


この記事の目次はこちらから

これも読む
DC Weekly | 先週末はOMM Japan、科野の国、神流、日光、Harukas、今週はFunTrails、TNF50mileなど・2017年11月13日

トレイルランニング関連ニュース

新型コロナの緊急事態解除後のランニング時のガイドライン

5月25日、東京など5都道県についても緊急事態宣言が解除されました。日本の社会にとっては新型コロナウィルスの感染拡大防止と各種の社会活動・経済活動の両立が新たな課題となります。ランニングを含むスポーツ界でもスポーツ活動を再開するにあたってのガイドラインが提唱されています。スポーツ庁ではウォーキング、ジョギングについて一人または少人数で行うこと、他の人との距離をとることといったポイントをあげています。マスクについては熱中症や運動強度が上がりやすいとして着けたまま無理な運動をしないことを呼びかけています。日本スカイランニング協会()は「スカイランニング等のイベント再開に関する当面の指針」を発表。レース中に並走したり追い抜いたりするときは2m以上の間隔を開けることや、大会運営では開会式や表彰式を簡素化、スタートは時間差といったガイドラインを示しました。実際にリアルに開催する大会も、今週末には日本で兵庫波賀トレイルランニング、アメリカ・ユタ州のBryce Canyon Ultraが予定されています。

コロナの時代のレースの形

世界においても外出制限といった強い規制は緩和されつつありますが、ランニングイベントについては当面開催予定だった大会はほとんどが見送りとなっています。そうした中では様々な「バーチャルレース」が企画されています。

  • アメリカのウェスタン・ステイツのスポンサーであり自らもレースを主催するSingle Track Runningでは「100 Miles to AUBURN」を企画。有料でのエントリーののち、6月中に走る度にGPSログを主催者に送信。走り初めてから100マイル、60マイル、30マイルといった距離に達するまでの時間で順位をつけるほか、完走の証としてバックルやメダルも贈られます。
  • Zoomを使ったリアルタイムのレースという形をとるのは「Quarantine Backyard Ultra」。スタートから同じ4.16マイル(100マイル/24時間)を1時間おきにスタートして誰が一番長く走り続けられるか、というフォーマットの「バックヤードウルトラ」のバーチャル版イベントとなり、参加者はZoomでリアルタイムに繋がりながら、トレッドミルまたはカメラのある自宅からの周回コースを走るというもの。4月に初開催のこのイベントは7月11日に再び開催予定で現在参加受付中です。
  • 一方、スカイランニングのISFでは「#MYSKYRACE」という新プロジェクトを発表。これはスカイランニングについての科学的な調査研究に基づき、あるランナーが特定のコースを走った時に何時間でどれくらいのカロリーを消費して完走できるかをシミュレーションして予測する、というサービス。ランナーは自らの体重をはじめとするデータを入力すると、ISF公認の世界の代表的なスカイランニングのコースについてシミュレーションが可能となっています。現在、ISFのウェブサイトで無料のお試しが受付中の他、リスト中の3つのレースについてのシミュレーションが10ユーロでできるプランも提供されます。

今週末開催のイベント

5月28日木曜日 – 29日金曜日

(延期)Ultra Trail Mount Damavand (100k, 61k, 22k)

イランの最高峰となる火山、ダマーヴァンド山(5,610m)の麓に広がるラール国立公園で開催。2017年に始まった大会ですが、5月に予定されていた大会は9月24-25日開催に変更されています。

5月29日金曜日 – 6月1日月曜日

Chartreuse Terminorum (300k)

アメリカのBarkley Marathonsにインスパイアされたベヌワ・ラヴァルさんが地元のフランス・シャトリューズで開催するフランス版のBarkley Marathons。5周で300kmを完走とし、各周回の制限時間は16時間というフォーマットです。大会ウェブサイトやFacebookには最近のアップデートがありませんが、イベントの性格からすると今週末に開催されるのかもしれません。

5月29日金曜日 – 30日土曜日

(中止)Ultra SkyMarathon Madeira (55k, 23k, 10k, VK)

北大西洋のマデイラ島(ポルトガル)で開催。55.6km 4,121mD+のMadeira Sky RaceはSkyrunner World Seriesのシリーズ戦でしたが中止に。Skyrunner Virtual Seriesも今週末は予定されていません。

5月30日土曜日 – 31日日曜日

Bryce Canyon Ultra (100m, 50m, 60k, 50k, 30k)

アメリカ・ユタ州で開催の100マイルなどのレース。こちらの大会は地元ユタ州の新型コロナウィルスに関するガイドラインに沿って開催するとしています。前日の選手受付はドライブスルー、当日はウェーブスタート、エイドでのサービスは限定的、プライベートサポートや応援は禁止といった方針のもとで開催されます。

(中止)OSJ奥久慈トレイルレース(60k, 30k)

茨城県大子町など。袋田の滝から男体山、竜神大吊橋、東金砂神社というテクニカルなトレイル、10キロ以上続く林道と様々な顔を持つ国内屈指の難コースが人気の大会ですが、今年は中止と発表されています。

(中止)石井マウンテンマラソン・東伊豆(2days)

静岡県東伊豆町。二日間のステージレース形式で二人1組のロゲイニング形式で得点を競うイベント。4回目の開催となる今年の大会は中止に。

5月30日土曜日

(延期)Cayuga Trails 50

アメリカ、ニューヨーク州イサカで開催され、例年USATFの50マイル・トレイル全米選手権のレースとなっています。今年の大会はFacebookによれば7月18日に延期されています。

これも読む
DC Weekly | 先週末はTJARがスタート、Sierra Zinal、今週はPikes Peak Marathonなど・2018年8月14日

(中止)Eco Trail Oslo (80k, 50k, 31k, 21k, 10k)

ノルウェー・オスロで開催の都市型トレイルランニングレース。こちらも今年は中止に。ぐ周

5月31日日曜日

兵庫波賀トレイルランニング(12.5k, 7.5k, 5k)

兵庫県波賀町。トレイルの周回コースで開催される大会は4月7日から5月31日に延期されていました。予定通りに今週末に開催することが発表されています。

(延期)たかやしろトレイルランニングレース(12k)

長野県の木島平スキー場でインサイドアウトスキークラブが主催する大会。今年の大会は9月または10月に延期とすることが4月に発表されていますが、現時点ではまだ詳細は発表されていません。

(中止)六甲5ピークストレイルレース(52k, 29k)

神戸市。六甲山系の最高峰(931m)への登りに始まり、摩耶山掬星台にフィニッシュするコースで開催。5回目となる今年の大会は中止と発表されています。

(中止)比婆山国際スカイラン(18.5k, 9k)

広島県庄原市西城町の県民の森を会場に比婆山連峰をコースとして開催される、今年で27回目となる予定の伝統ある大会。

(中止)RunRunトレイルかごしまinグリーンファーム(12.5k, 7.5k)

鹿児島市観光農業公園グリーンファームで開催。2.3kmの周回コースでのレースが予定されていました。

5月31日日曜日 – 6月5日金曜日

(中止)Bhutan – The Last Secret (200k, 6 stages)

ブータンで開催される200km、6ステージのステージレースに約50人が参加する大会ですが、今年は中止となっています。

前週末の主な大会のリザルトと、今週末の国内外のトレイルランニング大会の予定をお伝えしているニュース記事・DC Weeklyへ、皆様からの情報や写真の提供を歓迎します。下のコメント欄もぜひご活用ください。国内、海外の主なトレイルランニング、ウルトラマラソンの大会日程を網羅する当サイトのレースカレンダーにもぜひご利用ください。

Sponsored link