2021 Spartan Trail World Championship・エリートと年代別で世界の頂点へと競う10の「ストップ」で構成

Spartanは「2021 Spartan Trail World Championship」の概要を発表しました。国際的に知られるトレイルランニング・レースも含むイベントのラインナップで2020年に初開催となる予定でしたが、新型コロナウィルスのパンデミックのために中止となっていました。仕切り直しての今年、初のシーズンを迎えるこのイベントはトレイルランニングの新しい台風の目となるのか。2月24-28日開催のTransgrancanariaを最初の「ストップ」として開幕します。

link


「Trail Run」と「Trail Ultra」の二つのカテゴリー、エリートと年代別で構成される新しいチャンピオンシップ

Spartanはアメリカで人気の障害物レース(OCR)の主催者として知られ、近年はトレイルランニングのレースも世界各地て開催しています。そのSpartanによる「2021 Spartan Trail World Championship」は、ヨーロッパ、南米、オセアニア、アジア、北米の10のレースを「ストップ」として構成されます。各ストップは距離49kmまでの「Trail Run」と50km以上の「Trail Ultra」の二つのカテゴリーのレースを開催します。

チャンピオンシップを構成するストップの各レースでは、ITRAのパフォーマンスインデックスなどによる基準を満たして事前に「エリート」として登録した選手については各カテゴリーの男女それぞれ5位までに最高2,500米ドルの賞金が贈られます。一般参加選手については年代別カテゴリーで賞金を伴わない表彰が行われます。さらに各レースの結果をもとに計算されるポイントの合計により、チャンピオンシップの順位を争うこととなり、こちらもエリートについては各カテゴリーの男女それぞれ5位までに最高3,500米ドルの賞金が用意されています。なお、ポイントの上限とエリートへの賞金の額に応じて各ストップは「クラウンレーベル」「ブルーレーベル」「グリーンレーベル」のいずれかに位置付けられます。

2021 Spartan Trail World Championshipの10ストップのレース一覧

ワールドチャンピオンシップを構成する10の大会は次の通り。Transgrancanaria、 Run、Lavaredo Ultra Trailは昨年までUTWTのシリーズ戦として人気を集めてきた大会です。

  • Transgrancanaria
    • クラウンレーベル
    • 開催地:グラン・カナリア(スペイン)
    • 日程:2月24-28日
    • 129km(Trail Ultra)、42km(Trail Run)
  • Patagonia Run
    • クラウンレーベル
    • 開催地:San Martín de los Andes(アルゼンチン)
    • 日程:4月9-10日
    • 100km(Trail Ultra)、42km(Trail Run)
  • Lavaredo Ultra Trail
    • クラウンレーベル
    • 開催地:コルティナ・ダンペッツォ(イタリア)
    • 日程:6月24-27日
    • 120km(Trail Ultra)、48km(Trail Run)
  • Brisbane Ultra Trail
    • グリーンレーベル
    • 開催地:ブリズベン(オーストラリア)
    • 日程:7月10日
    • 100km(Trail Ultra)、30km(Trail Run)
  • Fjällmaraton
    • ブルーレーベル
    • 開催地:Äre(スウェーデン)
    • 日程:8月7日
    • 100km(Trail Ultra)、43km(Trail Run)
  • Ultra Pirineu
    • クラウンレーベル
    • 開催地:バガ、カタルーニャ(スペイン)
    • 日程:10月1-3日
    • TBD(Trail Ultra)、TBD(Trail Run)
  • Borneo Trail Classic
    • ブルーレーベル
    • 開催地:サラワク(マレーシア)
    • 日程:10月
    • TBD(Trail Ultra)、TBD(Trail Run)
  • Translantau
    • ブルーレーベル
    • 開催地:香港(中国)
    • 日程:11月
    • 104km(Trail Ultra)、43km(Trail Run)
  • Golden Gate Trail Classic
    • ブルーレーベル
    • 開催地:サンフランシスコ(アメリカ)
    • 日程:2021年秋
    • TBD(Trail Ultra)、TBD(Trail Run)
  • Aconcagua Ultra Trail
    • グリーンレーベル
    • 開催地:Los Penitentes(アルゼンチン)
    • 日程:2022年2月
    • 100km(Trail Ultra)、42km(Trail Run)
これも読む
今年もまもなく開幕!ウルトラトレイル・ワールドツアー Ultra-Trail World Tourのアワードセレモニー

*クラウンレーベル:上限1000ポイント、賞金総額25,000米ドル
ブルーレーベル:上限800ポイント、賞金総額18,000米ドル
グリーンレーベル:上限600ポイント、賞金総額12,000米ドル

「エリート」登録のハードルは高め

賞金の対象となる「エリート」のカテゴリーでレースに出るにはITRAのパフォーマンスインデックスなどによる基準を満たした上で事前に申し込みが必要になります。基準にはA、Bの二つがありますが、高い方のA基準を満たすのは女性で60人強、男性で280人強、B基準まで広げると女性で290人前後、男性で1100人ちょっと。

21SpartanTWC-Elite

Spartan Trail World Championshipの資料より

ポイントシステムは他のシリーズ戦ではみないユニークな仕組み

エリートおよび年代別に各レースでの順位に基づきポイントが計算され、その合算でチャンピオンシップを通じたランキングが決まるという仕組み。ただ、ポイントの計算はトップの選手のタイムにどれだけ近づいたかを示す比率に基づいて行われます。加えて、上位5選手についてはボーナスポイントを加算して差がつきやすいように工夫されています。

21SpartanTWC-points

Spartan Trail World Championshipの資料より

既存の国際的なシリーズ戦と比べてもより競技志向の強いチャンピオンシップになりそう

スポーツイベントのビジネスで世界にフランチャイズを広げて成功しているSpartanがトレイルランニングの世界に参入するのが、このワールドチャンピオンシップとなります。トップ選手が世界の頂点を目指す意欲をかき立てられるだけでなく、トレイルランニングの世界で年代別カテゴリーで年間を通じて世界の頂点を目指すことができる機会が設けられるのはこれが初めて。その意味ではエリートだけでなく、幅広い層のアスリートにとって注目のイベントになるかもしれません。

2021 Spartan Trail World Championshipの詳細はこちらから。

Sponsored link