履き心地もモンスター級・Onから登場の「Cloudmonster」はウルトラディスタンスにも適したランニングシューズ

実際に履いて走りましたが、100kmや100マイルを走り抜くための新定番となりそうな一足です。

スイスのパフォーマンスブランド「」は、ブランドとしてはこれまでで最も大きいCloudパーツ(ミッドソールの中空構造)を使用したCloudTec®ソールを搭載した新モデル、「Cloudmonster(クラウド モンスター)」を3月31日にOnオフィシャルオンラインショップと全国の取り扱い店舗で発売。

link


ミッドソールにはOn独自の軽量かつ耐久性に優れたHelion®スーパーフォーム、弾力性のあるポリプロピレン 製Speedboard®プレートを搭載。ボリューム感のあるソールは前足部にロッカー形状を採用していて、着地から蹴り出しまで高いエナジーリターンを実現しています。素材をみるとアッパーのポリエステルの80%、シューズ全体の35%にリサイクル素材を使用し、環境負荷の軽減に配慮した製品となっています。

Onではこの「Cloudmonster」について「長時間のランニングを飽きることなく楽しむことができるので、ロングランに最適。また日々のトレーニングやリカバリーランなどでも活躍します。」としています。

  • モデル名: Cloudmonster
  • 販売価格: 18,480 円(税込)
  • カラー展開:
    • メンズ:アサイ / アロエ、 フロスト / サーフ
    • ウィメンズ:アサイ / ラベンダー、 グレーシャー / メドウ
  • サイズ展開: メンズ/25cm〜31cm、ウィメンズ/22cm〜27cm
メンズ アサイ / アロエ

メンズ アサイ / アロエ

メンズ フロスト / サーフ

メンズ フロスト / サーフ

ウィメンズ アサイ / ラベンダー

ウィメンズ アサイ / ラベンダー

ウィメンズ グレーシャー / メドウ

ウィメンズ グレーシャー / メドウ

早速試し履き、ウルトラマラソンの本番シューズにもよさそう

筆者は「Cloudmonster」の発売にあわせて行われたメディア向けイベントでこの新作を履いて5kmほど走りました。外見はOnのアイコニックなCloudTec®︎とミッドソールの存在感で圧倒されます。足を入れてみると期待通りの高いクッション性がある一方で、意外にも軽くて驚きます。走り出してみるとロッカー形状のソールで自然と身体が前に押し出されるような感覚。トレーニングはもちろん、ウルトラマラソンのレース本番に選びたい一足だと感じました。

アジアパシフィック初のフラッグシップストア「 Tokyo」もまもなくオープン

「Cloudmonster」を試し履きしたイベントは4月8日金曜日に東京・キャットストリートにオープンする「 Tokyo」で行われ、その店内を内覧することもできました。

2階にはOnのランニングシューズが整然と揃っていた。

2階にはOnのランニングシューズが整然と揃っていた。

1階ではアパレルの素材の撥水性や防風性、通風性を体験できるデモも。

1階ではアパレルの素材の撥水性や防風性、通風性を体験できるデモも。

Tokyo」はOn直営のフラッグシップストアとしては、ニューヨークに続いて世界で二つ目。キャットストリートに面した1階にアパレル、2階にシューズが展開されていました。2階には天井や足元に設置した専用カメラで数歩走っているところを撮影し、そのデータをもとにランニングのスタイルやおすすめのシューズを提案する「ランスキャン」を設置。さらに誤差1.25ミリの深度カメラで足のサイズを計測する「フットスキャン」といったハイテク設備も導入されていました。

「ランスキャン」は店内の天井などに設置されたカメラで撮影、計測したデータをもとにランナーのタイプやおすすめのシューズを提案。

「ランスキャン」は店内の天井などに設置されたカメラで撮影、計測したデータをもとにランナーのタイプやおすすめのシューズを提案。

発売されたばかりのCloudmonsterも展示されていた。

発売されたばかりのCloudmonsterも展示されていた。

  • 店舗名: On Tokyo (オン トーキョー)
  • オープン日: 2022年4月8日(金)
  • 住所: 東京都渋谷区神宮前5丁目17番27号
  • 営業時間: 11:00〜19:00(不定休)
  • 電話番号: 03-6450-6995
Sponsored link