DC Weekly 2022年5月4日 いしおか、兵庫波賀、いいづな、上田/滋賀一周、川の道は進行中

国内、海外の主なトレイルランニング、ウルトラマラソンの大会日程を網羅する当サイトのレースカレンダーでは今年の予定を随時アップデートしています。まだ掲載していない大会についての情報のご提供、掲載済みの大会についてのご指摘を歓迎いたします。

ClubhouseではDogsorCaravanのルーム「トレイルランニング・ジャーナル」を開いています。毎週日曜日の朝に「サンデートレイル」で雑談したりしています。フォローしていただけたら次回のお知らせも届きます。

Sponsored link


この記事の目次はこちらから

これも読む
【追記しました】DC Weekly 2020年9月1日 - 日本、アメリカ、欧州のFKTの話題、ミンミ・コトカが「RED-S」を告白、先週末のリザルトは野沢トレイルフェス

先週末開催のイベント

4月29日金曜日

いしおかトレイルラン大会(50km, 27km, 17km, 9km)

茨城県石岡市。50kmのスーパーロングは杉山裕史(4時間49分)、清水明子(5時間36分)が男女それぞれのレースで優勝。27kmのロングは佐谷尚紀(1時間56分)、助川すみれ子(2時間41分)、17kmのミドルは吉田武志(1時間21分)、平川裕子(1時間38分)、9kmのショートは宮竹南央哉(43分24秒)、晝田美沙(58分4秒)がそれぞれ優勝。リザルトはこちら

兵庫波賀トレイルランニング(17k, 7k)

兵庫県宍粟市波賀町のフォレストステーション波賀で開催。17kmでは中林健(1時間34分)、岩佐鈴子(2時間17分)、7kmでは長田康誠(42分34秒)、大西朋子(58分38秒)がそれぞれ男女のレースで優勝しています。リザルトはこちら

4月30日土曜日 – 5月8日日曜日

滋賀一周ラウンドトレイル(438km)

滋賀県を囲む山をぐるりと回る438km、28,300mD+を制限時間192時間で完走するというチャレンジ。4月30日午前10時に大津港をスタートして、本稿執筆時点ではトップの福井哲也が349km地点の地蔵峠を通過しており、このまま進めば5月5日の正午ごろには大津港にフィニッシュする見込み。2番手には飯野航、3番手に小野雅弘。女子トップの武市香里は276kmの国境・願力寺まで到着しています。コース上を進むのは61人のエントリー選手のうち現時点で49人。フィニッシュの関門締め切りは5月8日午前10時となっています。通過速報はこちら

4月30日土曜日 – 5月5日木曜日

日本横断川の道フットレース(513km、251km)

東京から新潟を目指す513kmの「日本横断ステージ」と小諸(長野県)から新潟の251kmの「千曲川〜信濃川ステージ」が開催される超長距離のレース。513kmでは中田和彦が76時間52分でトップのフィニッシャーに。女子では廣澤志保が89時間32分で最初のフィニッシャー、男女合わせて7人目で完走しました。本稿執筆時点では251kmのレースもスタートしています。

4月30日土曜日

いいづなトレイルランニングレース(20km、10km)

長野県飯綱町を会場に三登山(みとやま)・髻山(もとどりやま)周辺のトレイルで開催。ロング20kはが1時間27分で優勝、1時間32分で竹内隼が2位、1時間35分で矢嶋信が3位。女子はが1時間56分で優勝、2位に高島由佳子(2時間2分)、3位に齋藤美紀(2時間7分)。ショート10kmはが55分43秒で優勝、3分差で小林華蓮が続きました。男子は高波太一が53分45秒で制しています。リザルトはこちら

Three Peaks Race (37.4km)

イングランド北部、ヨークシャーデールズ国立公園の中にある三つの山をコースにしたフェル・ランニングのレース。リザルトはこちら

5月1日日曜日

Trail Nivolet Revard (51k, 22k, 13k)

フランスのサヴォア県ヴォグランで開催。2019年以来、3年ぶりの開催です。リザルトはこちら

これも読む
【TOAD8】ARChMAX (アーチマックス)・出展社に見どころを聞く

5月3日火曜日 – 4日水曜日

上田バーティカルレース/Ueda Vertical Race(5km)・上田スカイレース/Ueda Skyrace(25km)

長野県上田市で開催。スカイランナー・ジャパンシリーズの開幕戦 となった1日目の5kmの「猿飛佐助コース」男子は近江竜之介が43分47秒で勝利、宮川朋史(45分20秒)、(46分13秒)で続きました。女子は秋山穂乃果が54分31秒で優勝、小林華蓮が55分33秒、楠田涼葉が55分45秒で続きました。2日目の25kmの「塩尻山城コース」では3時間47分で小田切将真が優勝、吉野大和(3時間49分)、宮川朋史(3時間57分)がトップ3に。女子では前日のバーティカルに続いて秋山穂乃果が4時間22分で優勝。楠田涼葉が4時間34分で2位、上田絢加が4時間45分で3位に。リザルト速報はこちら

今週末開催のイベント

5月6日金曜日 – 8日日曜日

Whalers’ Great Route Ultra-Trail® (115k, 65k, 42k, 25k, 11k)

北大西洋のアソーレス諸島(ポルトガル)のファイアル島で開催されるトレイルランニング・イベント。昨年までUltra-Trail World Tourのシリーズ戦だった大会です。

Amazean Jungle Trail(100k, 50k, 25k)

タイ南部、マレーシア国境の近くに位置する町、ベトンで開催されるトレイルランニング大会。「100k」は距離104km 累積獲得高度6,253mD+のコースで開催されます。

5月7日土曜日

Chiemgau Trail Run(60k, 42k, 21k, 10k)

ドイツ南東部、オーバーバイエルンで開催。60kmのレースと21kmのレースがスカイランニングの全独選手権となっています。

Miwok 100k

アメリカ・カリフォルニア州。スティンソンビーチ Stinson Beachを拠点にサンフランシスコの北側に広がるトレイルをコースとする人気大会。2度の中止を経て、3年ぶりの開催。

Thames Path 100

イギリスのロンドンからオックスフォードまで、川沿いの道を遡る100マイルのランニングレース

5月8日日曜日

イセエビCUP おんじゅくオーシャントレイル(16k, 5k)

千葉県・御宿で開催。従来は2月に開催されてきた大会ですが、今年は5月開催で復活。温暖な海辺の町のコースは砂浜や浜辺の集落を通ります。

Skyrace des Matheysins (28km)

フランス・グルノーブルの南30kmの山岳エリア、メテイザンで開催。スカイランナー・ワールドシリーズの開幕戦で、コロナ禍で延期されて昨年は秋に開催されましたが、今年は例年と同じく5月に開催です。

Snowdon Skyrace (40km)

イギリス・ウェールズのカーナーヴォン、リド・ジ Rhyd-Dduで行われる40km 3,150mD+と24km 1,750mD+の大会。

前週末の主な大会のリザルトと、今週末の国内外のトレイルランニング大会の予定をお伝えしているニュース記事・DC Weeklyへ、皆様からの情報や写真の提供を歓迎します。下のコメント欄もぜひご活用ください。国内、海外の主なトレイルランニング、ウルトラマラソンの大会日程を網羅する当サイトのレースカレンダーにもぜひご利用ください。

Sponsored link