今年のハセツネ30kはトレイル比率が高くなった新コースに

名前は同じですが、大幅にリニューアルして4年ぶりの開催となります。

コロナ禍を経て、2019年以来4年ぶりとなる「ハセツネ30k」が4月2日に開催されます。秋のの入門レースとして人気の大会ですが、今年は前半部が大きく変更されてトレイルの比率が高いコースで開催されることが明らかになりました。

link


コロナ前はエントリー受付開始後すぐに満員御礼となる人気ぶりでしたが、今年は2月1日にエントリーを開始した翌日の本稿執筆時点でも受付中となっています。以前と同様にこの大会で男子500位以内、女子50位以内に入ると秋のハセツネCUPの優先エントリー権が得られます。

大会ウェブサイトには今回の大会の趣旨について「2023年からのハセツネ30Kは『本気フルパワー』というスローガンで、よりチャレンジングな走りと挑戦ができるスタイルに追及。従来のロード率の高いコースから本格的ショートトレイルと言える更にタフなコースレイアウトにすることにより、秋のの前哨戦として十分な走りごたえと競えるコースとなります。」という記述があります。

コースにも大きな変化が。従来はコース前半は盆堀林道の舗装路で約10kmを北沢峠まで登っていました。2月2日にウェブサイトに掲載された今年の大会のコースマップによれば、スタート直後から広徳寺からトレイルに入り、戸倉を経て、トレイルで臼杵山、市道山へ。ヨメトリ坂を下りてから林道を経て西から市道山へ登り返す、いうコースになっています。このコース前半部はハセツネ30kでは初めて通るコースとなります。

2023年のハセツネ30kのコース。前半部が新しいコースとなっている。画像は大会ウェブサイトより。

2019年のハセツネ30Kのコース概要(大会ガイドブックより)

このほか、必携装備として、水1.5リットル以上、登山用レインウェア(防⽔性および透湿性を兼ね備えた素材を使⽤して作られた⼭岳の悪天候に対応できる縫い⽬をシームテープで防⽔加⼯したフード付きのもの)、行動食が挙げられているのも新しい点です。

大会は一般の部のほかITRAパフォーマンスインデックスで男子500、女子475以上などの基準を満たした選手を対象とするエリートの部が設けられています。参加定員は全体で1800人です。

この記事が気に入ったらDogsorCaravanをBuy Me a Coffeeで直接サポートできます!

Buy Me a Coffee

Sponsored link