スイスで開催、Wildstrubel by UTMB の第2回大会まであと2日

9月14日 – 17日にスイスのヴァレー州とベルン州にまたがるヴィルトシュトルーベル山地でWildstrubel by UTMBが開催されます。

キャッチフレーズは「100%ワイルド」というこの大会は5つの象徴的な観光地を横断し、4,000人のランナーはスイスのこの大会のコースで絶景、手付かずの風景、アルプスの峠、風光明媚な山の牧草地を楽しむことでしょう。

Sponsored link


(All Photo © UTMB)

今年のプログラムには障がいを持つ人々のために大会開催地のクラン・モンタナ Crans-Montanaで距離の短いイベントが追加されました。Wildstrubel by UTMBはあらゆる人のためのスポーツと祭典をラインナップしたイベントとなります。

レースはクラン・モンタナを金曜日の朝、午前5時にスタートする “Wild 110” で開幕します。このレースには800人が参加し、ジェミニ峠を経由してヴィルトシュトルーベル山塊を巡ります。バンダーシュリンデ Bunderschrindeを経由してベルン側のカンデルシュテーク Kandersteg、次にアデルボーデン Adelbodenに達します。これはルート上で最もワイルドな峠です。そこからは、ハーネンモス Hahnenmos 峠とイフィゲンアルプ Iffigenalpの滝へと進みます。この滝は、レンク Lenkの入口となる静かな隠れ家です。ランナーはルートが2,800mの最高地点であるCabane Wildstrubelを経由し、ラヴィル Rawil 峠を通過してクラン・モンタナに戻ることになります。トップ選手は金曜日の18時頃にフィニッシュし、最後のフィニッシャーは日曜日の11時まで続きます。

土曜日には、ベルンで2つのレースがスタートします。最初はカンデルシュテークでの “Wild 70” で午前7時に。2つ目はアデルボーデンでの “Wild 50” で午前8時30分に。どちらのコースもまたがるヴィルトシュトルーベル山塊とクラン・モンタナを中心とするコースとなります。最終日の日曜日はロイカーバート Leukerbadとクラン・モンタナの間を結ぶ距離25kmと累積1,150m D+のレースです。

この大会の各レースにはスイスから有力選手が集まります。カトリン・ゲッツ Kathrin GOETZ (UTMB Index 724、SUI)、サラ・エスコバー=カロン Sara ESCOBAR CARRON (690、SUI)、トリスタン・ブランシャール Tristan BLANCHARD (817、SUI)、ラモン・マネッシュ Ramon MANETSCH (873、SUI)、オーレリアン・ベルトレ Aurélien BERTHOLET (776、SUI) といった名前が挙げられます。

Wild 110にはヴァンサン・ヴィエ Vincent VIET (FRA – 835)、アンディ・シモンズ Andy SIMONDS (GBR – 845)、アルノー・レジューン Arnaud LEJEUNE (FRA – 813)がスイス以外から参戦。Wild 70ではアン=リセ・ルセ Anne-Lise ROUSSET (FRA – 748)、クレア・バンワース Claire BANNWARTH (FRA – 696)、シモーネ・シュワルツ Simone SCHWARZ (GER – 654) が女子のレースにエントリーしています。同じく男子はオーレリアン・デュナン=パラ Aurélien DUNAND PALLAZ (FRA – 896) とアレクシス・コム Alexis COME (FRA – 784) が男子のレースでラモン・マネッシュに挑戦します。

これも読む
BROOKS Catamount 2が3月6日発売に、「より速く、より遠くへ」のトレイルランニングシューズが第二世代へ

Wildstrubel by UTMB®は単なるスポーツイベントを超えた祭りであり、インクルーシブなイベントです。今回新たに設けられた障がい持つ人々のための無償のレースには30人がエントリーしています。開催地の地元となるシエール SierreのSport Handicap Associationの協力を得て金曜日夜に開催されます。この協会は日曜日のWild 25のレースにも協力し、2人の障がいを持つ選手をアウトドア用車椅子に乗せてルートに沿って進みます。

レースはlive.utmb.worldでリアルタイムでフォローできます。

この記事が気に入ったらDogsorCaravanをBuy Me a Coffeeで直接サポートできます!

Buy Me a Coffee

Sponsored link