Amazfit Bip 5 が9月22日発売に、エントリーモデルの最新作はスポーツのトラッキング機能も強化

Zepp Health CorporationはAmazfit(アマズフィット)のエントリーモデルの新製品となる「Amazfit Bip 5」を9月22日に国内販売を開始しました。ヨドバシカメラ、ビックカメラほか、大手家電量販店および時計専門店等の他、各オンラインショップでも販売されます。価格は14,800円(税込)となります。

Amazfitのスマートウォッチの中でもBipシリーズはフィットネス、ヘルスケアのトラッキングの手頃な入門モデルとして展開されてきました。最新作となるBip 5は先代のBip 3と比べてディスプレイを大きく、解像度はより高くなっています。スピーカーとマイクが設けられたことでBluetooth接続でスマホへの着信をウォッチで通話することが可能になりました。Alexaにも対応しています。ソフトウェアはZepp OS 2.0を搭載しています。

Sponsored link


ランナーにとってはスポーツ関連の機能が強化された点に注目です。Bip 3にはなかった120以上のスポーツモードとランニングなどを自動で検出して記録を開始するスマートスポーツ認識機能を備えました。さらにVO2Maxやトレーニング負荷、トレーニング効果、完全回復時間といった運動負荷の分析に基づく指標もウォッチで確認できるようになりました。

衛星測位は前モデルと同じく、4システム(GPS, GLONASS, Galileo, みちびき/QZSS)に対応しています。バッテリーは「標準的な使用」で最長10日間持続。週に数回のランニングをするランナーの場合は「ハードな使用」で最長5日間というのが実感に近くなりそうです。

これだけの機能を備えて14,800円(税込)はバーゲンプライスといえます。もちろんBioTracker PPG光学センサーを備えているので、心拍数、血中酸素レベル、ストレスレベルのトラッキングも可能です。あえて気になる点を挙げるなら防水グレードがIP68の生活防水にとどまることと、ボディ素材がプラスチックである点、ディスプレイはTFT液晶であることです。逆にいえば、Amazfitのセンサーやソフトウェアを手軽に試すにはぴったりなモデルといえます。

販売されるECサイトのリンク一覧は記事末尾のリンクをご覧ください。

Amazfir Bip 5
発売 2023年9月
価格(税込) ¥14,800
サイズ 45.94 x 38.09 x 11.2 mm(心拍ベース除く)
本体重量 26g(バンド除く)
ボディ素材 プラスチック製ボトムケース
防水グレード IP68
ディスプレイ 1.91インチ TFT-LCD
解像度 320 x 380, 260PPI
スクリーン 2.5D強化ガラス、 指紋防止 コーティング
省電力モード 最大26日間
標準的な使用 最大10日間←
ハードな使用 最大5日間←
センサー BioTrackerTM 3.0 PPG バイオメトリックセンサー 3軸加速度センサー
衛星測位 4衛星測位システム(GPS、GLONASS、Galileo、みちびき)
接続 Bluetooth 5.2 BLE

Amazfit Bip 5 が販売されるECサイトへのリンク

一部のリンクは当サイトが利益を得るアフィリエイトリンクとなっています。皆さんに利用していただくと当サイトの運営の支えとなります。

公式オンラインストア

Amazfit Bip 5

Amazon公式店舗

Amazfit公式楽天市場店

Amazfit Bip 5

これも読む
うれしい方の価格改訂。AmazfitがGPSランニングウォッチ Cheetah と Cheetah Pro を8月18日から1万円の値下げ

Amazfit公式Yahoo!店

Amazfit Bip 5

ヨドバシ.com

Amazfit Bip 5

au PAY マーケット店

Amazfit Bip 5

この記事が気に入ったらDogsorCaravanをBuy Me a Coffeeで直接サポートできます!

Buy Me a Coffee

Sponsored link