Kobe Trail 2024 プレビュー・日本初のGolden Trail World Seriesは今シーズンの開幕戦

今年初開催となるトレイルランニングの新イベント「Kobe Trail(神戸トレイル)2024」が神戸市で2024年4月20日土曜日と21日日曜日の二日間にわたって開催されます。日本初の都市型トレイルランニング・エンターテインメント・フェスとのキャッチフレーズを持つこの大会は、都市と自然が密接な神戸を舞台に、六甲山地のトレイルに設定されたコースとなっています。

初日の土曜日に行われる21kmのレースは今年2024年のGolden Trail World Series(ゴールデントレイル・ワールドシリーズ、GTWS)の開幕戦です。概ねマラソンの距離を上限とするサブウルトラ・ディスタンスのトレイルランニングにおいて、総額30万ユーロの賞金をかけて世界の9つのレースがラインナップされたシリーズ戦の開幕戦が六甲山で行われることとなります。神戸には世界トップクラスのアスリートたちが集結しますが、トレイルランニングにおいて日本にこれほどの顔ぶれが集まり、世界の注目を集めるのは過去十年間を振り返ってもなかったことです。

Sponsored link


都市と自然、世界最高レベルの激しいレースと誰もが楽しめるオープンレースという対象的な魅力を両立する。国際都市・神戸にふさわしく世界から集まるランナーとともに、賑わいの中でトレイルランニングを観て、走って楽しむ。そんな新しいコンセプトで開催されるのがKobe Trailです。

この記事ではKobe Trailの初日に開催されるGTWSの開幕戦とそこに出場予定のアスリートを紹介します。

土曜日午後開催、メインとサテライトの二つの会場、掬星台を中心とする4つのループ

GTWS開幕戦となるレース「KOBE 21k GTWS」は距離21.3kmに対して累積獲得高度は2,109mに達するタフなコースで行われます。スタート・フィニッシュ地点となるのは標高約700mに位置する摩耶山山頂近くの掬星台(きくせいだい)です。夜は光きらめく神戸の眺めが楽しめる夜景スポットとして有名で、ロープウェーを使ってアクセスすることもできます。21kmのコースはこの掬星台を中心とする4つの周回コースからなります。それぞれのループが地図上では花びらのように見えることからフラワーコースと呼ばれるこのコースのデザインは、昨年11月にイタリアで行われたGTWSグランドファイナル(最終戦)でも採用されました。中心となる会場には選手が何度も通過することから、観客にとってはレース展開を何度も目の前で見ることができます。レースの運営上もエイドステーションや救護スタッフを会場に集約できることから資源を無駄なく効率的に利用できるとされています。4つのループは次の通りとなっています。

  • Loop 1 (3.7km 295mD+):掬星台の北側を時計回り、尾根沿いに生田川(いけだがわ)近くまで下りて徳川道で登り返し、アゴニー坂の岩場を登って忉利天上寺前に出て掬星台へ戻る。
  • Loop 2 (6.1km 516mD+):掬星台から南西方向を時計回り。前半は地蔵谷を下り、後半は黒岩尾根を登って掬星台に戻る。
  • Loop 3 (6.2km 671mD+):掬星台から東側を長峰霊園方面に降りて登り返す周回コース。時計回りに前半はアゴニー坂を下り、杣谷峠を経由して天狗塚へ。南側のマイナートレイルの急坂を駆け下りる。摩耶東谷に沿って登りかえし、尾根に上がって掬星台へ。
  • Loop 4 (5.3km 627mD+):Loop 3と同じく長峰霊園方面に下りて登り返すが、反時計回りで山寺尾根で下る。登りは川沿いに杣谷(カスケードバレー)の急な登りとなり、勧進滝を経て杣谷峠へ。アゴニー坂を登って掬星台でフィニッシュ。4つのループの中で距離に対する獲得高度は最も大きい。

GTWS開幕戦の行われる土曜日はレースを目の前で応援、観戦できる掬星台のメイン会場に加えて、神戸ハーバーランドの高浜岸壁にサテライト会場が設けられます。サテライト会場ではレースの生中継を大型スクリーンでパブリックビューイングで楽しめるほか、各種のブースやアトラクションも出店予定です。

レースは13時5分に女性のレース、13時35分に男性のレースがスタート。表彰式は神戸ハーバーランドのサテライト会場で18時に予定されています。摩耶山に足を運んで選手の熱いレースを目の前で応援するもよし、気軽に足を運べるハーバーランドで楽しみながら観戦するもよし、という充実した大会となりそうです。

GTWS開幕戦の翌日、21日日曜日は摩耶山掬星台を会場に、15kmシングル、15kmEKIDEN(リレー)、4kmシングル、4kmペアのレースが行われます。

2024年も Golden Trail World Series は世界最高レベルのトレイルランニングのシリーズ戦に

Golden Trail World Seriesでは開幕戦のKobe Trailが迫る中、今年のシリーズに参加するエリート選手のリストを公開しました。ITRAパフォーマンスインデックスの上位10人の平均値は男子選手が929、女子選手が791.1に達し、過去最高レベルとなりました。上位30人に広げても平均値は男子で912.1、女子で768.4となっており、男子選手では22人が900を超えているという非常に層の厚いシリーズ戦となります。

Golden Trail SeriesのYouTubeチャンネルでは神戸でのシーズン開幕を前に昨年のシーズンを振り返るシリーズ番組「Chasing Dreams – Season 3」の全7エピソードが公開されています。

GTWS開幕戦に登場するエリート選手

今回のKobe Trailで行われるGTWS開幕戦には、昨年のGTWSの年間ランキングで上位となった選手が招待されて多数参加します。大会が発表している招待選手リストから、今回の注目選手を紹介します。なおレースには登山やトレイルランニングについてある程度の経験があれば誰でも参加することができます。

女性の部

ソフィア・ラウクリ Sophia Laukli (USA) は今のサブウルトラのトレイルランニング界では最も勢いのある女性アスリートといって間違いないでしょう。2000年生まれの現在23歳のラウクリはクロスカントリースキーでアスリートとしての才能を開花させました。2022年には北京冬季五輪のアメリカ代表として出場し、現在までW杯で入賞するなど活躍しています。そのラウクリが夏の間にトレイルランニングレースを走るようになったのは2022年のことで、GTWSのBroken Arrow 26k、Stranda Fjord Trail Race 25kで優勝して注目されます。昨年はMarathon du Mont-Blanc、Sierre-Zinal、Pikes Peak Ascentでいずれも勝利。ヨーロッパとアメリカのクラシックレースを制したことでその名をますます高めることになりました。昨年のGTWSチャンピオンとして、神戸での開幕戦でも最も注目を集めることになります。

2022年のヨーロッパのトレイルランニング界で注目を集めたのはサラ・アロンソ Sara Alonso (ESP) です。2022年にはTransgrancanaria Marathon 43kmでの優勝に始まり、GTWSのレースではZegama Aizkorriで3位、Marathon du Mont-Blancで優勝、Stranda Fjordで5位、Sierre-Zinalで8位となって年間ランキングはラウクリに続いて3位となりました。2022年冬に腰の疲労骨折と診断されて2023年のシーズンはリカバリーを優先してクロストレーニングに励むことになりました。8月にはUTMBの15kmのレースETCで優勝してレースに復帰、GTWSファイナルの26kmを7位でフィニッシュ。神戸の2週間前となるCalamorro Skyrace 28kmでは優勝して順調な回復ぶりを見せています。同世代のラウクリとのレースは世界のトレイルランニング界のシーズン初めの大きな話題となりそうです。

2021年のGTWS年間チャンピオンであるモード・マシス Maude Mathys (SUI) も今回の神戸のエントリーリストに名前があります。2022年はZegamaで2位、欧州トレイル選手権のバーティカル、クラシックで優勝、Sierre-Zinal で優勝していますが、昨年夏に足の故障を克服するための手術を受け、その後はレースには出ていないようです。Kobe Trailが復帰戦となるか。

アメリカ・コロラド出身のアリー・マクラフリン Allie McLaughlin (USA) は学生時代に陸上競技を経験していますが、マウンテンランニング、トレイルランニングでの名声が聞かれるようになったのはコロナのパンデミックになった頃からでした。2021年秋のBroken Arrow Skyraceで初日のVKで優勝、二日目の52kmで優勝、最終日の26kmで7位と好成績を連発。2022年には6月に開催された同じレースでVKで優勝、26kで準優勝、8月のOCCで6位に。秋のチェンマイでのWMTRC世界選手権はUphillで優勝、Classicで3位となってアメリカチームのメダル獲得に貢献しています。GTWSでは2022年のファイナルのステージレースに参加しており、世界選手権直前だったことから全ステージは走らなかったものの、出場したステージでは1位も獲得。昨年のSierre-Zinalは8位に。日本でのレースで上位に入る可能性は高いでしょう。

これも読む
プロローグ男子はエルハウジン・エラザウィが僅差を制す。リザルト・Golden Trail World Series Grand Final 第二日

マウンテンランニングのW杯の上位常連で現在のマウンテンランニングの世界ランキング1位のジョイス・ニエル Joyce Muthoni Njeru (KEN) が今シーズンは神戸での開幕戦からGTWSに参戦します。昨年2023年は7月のフランスのマウンテンランニングのクラシックレースであるMontée du Nid d’Aigle 20kmで勝利、9月にはスペインのCanfranc CanfrancのUphillとClassicで連勝、10月のグラン・カナリアでの最終戦ではUphillで3位、21kmで優勝と勢いに乗ります。ケニア人アスリートのマラソンでの活躍は日本でもよく知られますが、今回の神戸ではニエルがトレイルランニングでその実力を日本のファンに印象付けることになるか。

アメリカのグレイソン・マーフィ Grayson Murphy (USA) は大学生の時にサッカーから陸上競技に転向したアスリートで、2019年にマウンテンランニング米国選手権のチャンピオンとなった時から、マウンテンランニングの有力選手としてのキャリアが始まりました。2019年は米国チャンピオンとなった1ヶ月半後の世界選手権で世界チャンピオンとなりました。2023年にはインスブルックでのWMTRC世界選手権でUphillで銅メダル、Classicで金メダルを獲得しています。GTWSには今回初登場となります。

日本からはハセツネCUP五連覇中の髙村貴子 Takako Takamuraが参戦。これまで欧州遠征で参加したスカイランニングのレースで競った海外のエリート選手たちと国内で対戦することになります。高村とともに昨年のWMTRC世界選手権に日本代表メンバーとして参加した楠田涼葉 Suzuha Kusudaも地元と言える関西で今回の国際レースに挑みます。昨年秋にはハセツネCUPで4位、今年1月の千羽海崖43kで優勝しています。さらに萩谷楓 Kaede Hagitaniには注目が集まります。学生時代から実業団へと陸上競技のエリート選手のキャリアを歩み、東京五輪5000mの日本代表となった経験を持ちます。昨年春の引退後、トレイルランニングのレースにも挑戦の幅を広げているところで、神戸ではトレイルランニング、マウンテンランニングの世界トップ選手を相手にどんなレースを見せるでしょうか。

このほか次の選手にも注目です。

  • テレーズ・ルボフ Theres Leboeuf (SUI) : 2023年Zegama-Aizkorri で3位、WMTRC世界選手権・ショートで銅メダル、Marathon du Mont-Blancで4位。
  • ダニエラ・オーマス Daniela Oemus (GER) : 2023年Zegama-Aizkorri優勝、WMTRC世界選手権・ショートで6位、Marathon du Mont-Blancで6位、OCCで5位。
  • ジュリア・フォン Júlia Font Gómez (ESP) : 2023年Transvulcania 48kで3位、WMTRC世界選手権・ショートで14位、Ultra Pirineu 42kで優勝。GTWSグランドファイナル 26kで6位。
  • シルヴィア・ノルドスカール Sylvia Nordskar (NOR) : 2023年Zegama-Aizkorriで4位、WMTRC世界選手権・ショートで13位、Marathon du Mont-Blancで5位、Kullamannen by UTMB 100kで優勝。
  • アリス・ギャッギ Alice Gaggi (ITA) : 2023年WMTRC世界選手権・ショートで19位、Sierre-Zinalで5位、GTWSグランドファイナル 26kで9位。
  • マレン・オサ Malen Osa (ESP) : 2023年Dolomyths 22kmで4位、Pikes Peak Ascentで4位、Mammo Trail Fest 26kで5位、GTWSグランドファイナル26kで5位。

男性の部

エルハウシン・エラザウィ Elhousine Elazzaoui (MAR) はここ5年間、ヨーロッパのサブウルトラのトレイルランニングで活躍するアスリートで、GTWSでは2022年シーズンにZegamaとMarathon du Mont-Blancで4位になって年間ランキングでも2位となっています。しかし、昨年2023年のGTWSでは一段とレベルの高いパフォーマンスを見せました。Zegamaで準優勝、Dolomythsで優勝、ファイナルの26kmでは終盤の逆転劇で勝利。年間ランキングは4位ですが、今勢いを感じさせるアスリートです。イタリアでのファイナルで見せた鮮やかなレース展開を神戸でも見せるか注目です。

ケニアのパトリック・キプンゲノ Patrick Kipngenoフィレモン・キリアゴ Philemon Ombogo Kiriago は女子のジョイス・ニエルとともにチーム Run2Getherのメンバーであり、欧州を拠点にマウンテンランニングW杯、GTWSで活躍するアスリートで、初めての来日です。二人ともにヨーロッパのレースを走り始めたのは2022年になってからのこと。30歳のキプンゲノは2022年のSierre-Zinalで2位、チェンマイのWMTRC世界選手権ではUphillで金、Classicで銀メダル。昨年2023年はインスブルックでのWMTRCでUphillで金メダル、Classicで5位となっています。21歳のキリアゴはキプンゲノと同じレースに出てキプンゲノに続く成績を挙げてきましたが、最近では昨年のSierre-Zinalで優勝、マウンテンランニングW杯ファイナルの21kmで優勝、GTWSファイナルの26kmで2位と、キプンゲノよりも先にフィニッシュすることも増えています。今のサブウルトラ、マウンテンランニングのトップレベルのパフォーマンスが日本で初めて目の前で見られるのが今回の神戸トレイルです。

これも読む
2022年 TDS、OCC プレビュー #UTMB

昨シーズンに好成績を挙げた選手ではロベルト・デロレンツィ Roberto Delorenzi (SUI) も神戸にやってきます。2023年はスカイランニングでSkyrace des Matheysins 25kmで2位などの成績で年間ランキング4位、GTWSではDolomythsで2位、Sierre-Zinalで5位、Pikes Peak Ascentで6位、Mammoth Trail Festで3位などで年間ランキングでは6位。今年に入ってからもSkyrunner World Seriesのレースでは開幕戦、第2戦を連覇していて好調ぶりが伺えます。

バート・プシェドヴォエフスキ Bartłomiej Przedwojewski (POL) はGTWSの立ち上げとともにトレイルランニングのキャリアを築いてきた選手です。2018年にはZegamaで3位、シリーズファイナルとなったAfrican Otter Trail Runで優勝。コロナ禍や故障の期間を経て、昨年はZegamaで6位、Marathon du Mont-Blancで5位、Dolomythsで8位、ファイナルの26kmで8位といった成績を残しました。

トレイルランナーとして10年の競技歴を持つアンディ・ワッカー Andy Wacker (USA) はアメリカとヨーロッパで数多くのレースに参加しています。最近では2022年のBroken Arrow Skyrace 26Kで優勝、昨年はSpeedgoat by UTMB 28kで優勝、マウンテンランニングW杯ファイナルの38kmで2位となっています。GTWSには2019年以来の参戦です。

世界のトップ選手がレースを通じてしのぎを削り、交流を深めるGTWSを経験している上田瑠偉 Ruy Ueda(JPN) が今回の神戸に出場します。2022年のGTWSではMarathon du Mont-Blancで3位、グランドファイナルのステージレースで4位といった成績を挙げて年間ランキング4位となりました。昨シーズンは6月のWMTRC世界選手権で12位となった後にトレイルで転倒し、続く半年は療養に充てることになりました。しかし12月にはKosciuszko by UTMB 100kmで優勝、今年1月のHong Kong 100 56kmで4位とレースに復帰しています。世界トップクラスの選手たちとの母国でのレースでは、優勝争いに加わるシーンも期待されます。

日本からはさらに先月末のハセツネ30Kで快勝した近江竜之介 Ryunosuke Omi、2022年ハセツネCUPチャンピオンで先月末のハセツネ30Kで2位となってケガからの復活も順調な吉野大和 Yamato Yoshino、昨年のハセツネCUP準優勝の小笠原光研 Koken Ogasawara、2022年Matterhorn Ultraksでの9位や昨年のHochkonig Skyraceでの6位で欧州のレースを知る藤飛翔 Tsubasa Fujiが参戦します。

このほかにも次の選手たちが神戸トレイルに挑みます。

  • ダニエル・パティス Daniel Pattis (ITA) : 2023年Dolomyths 22kmで5位。GTWSファイナル26kmで20位。
  • オスカー・クレーソン Oscar Claesson (SWE) : 2023年GTWSファイナル26kmで14位。
  • アラン・サンタマリア Alain Santamaria​ (ESP) : 2023年ETCで2位、Sierre-Zinalで13位、GTWSファイナル26kmで18位。
  • チェザーレ・マエストリ Cesare Maestri (ITA) : 2022年オフロード欧州選手権でUphill優勝、Classicで2位、同年WMTRC世界選手権でUphillで7位、Classicで9位。2023年Sierre-Zinalで10位。
  • ミケル・コルベラ Miquel Corbera (ESP) :2022年オフロード欧州選手権でUphillで4位、Classicで8位、同年WMTRC世界選手権でUphillで19位、Classicで13位。2023年GTWSファイナル26kmで11位。
  • マイケル・ボードワン・ルソー Meikael Beaudoin Rousseau (USA) : 2023年Broken Arrow Skyrace 23kで3位、Mammoth Trail Fest 26kmで2位、GTWSファイナルで10位。
  • レオナルド・ミトリカ Leonard Mitrica (ROU) : 2023年Zegamaで10位、GTWSファイナル26kmで17位。
  • ボグダン・ダミアン Bogdan Damian (ROU) : 2023年Zegamaで11位、GTWSファイナル26kmで24位。
  • アンデシュ・シェーレヴィク Anders Kjærevik (NOR) : 2023年WMTRC世界選手権ショートで20位、GTWSファイナル26kmで35位。
  • マルコ・フィローシ Marco Filosi (ITA) : 2023年GTWSファイナル26kmで13位。
  • ジョーイ・ハドーン Joey Hadorn (SUI) : 2022年WMTRC世界選手権のUphillで4位、Classicで12位、2023年Sierre-Zinalで16位。
  • ガーレット・コルコラン Garrett Corcoran (USA) :2023年WMTRC世界選手権ショートで14位、GTWSファイナル26kで36位。
  • リーヌス・フルテゴールド Linus Hultegård (SWE) :2023年GTWSファイナル26kで15位。
  • 山口大河 Taiga Yamaguchi (JPN): 2023年ハセツネ30K4位、Snowdon Skyrace 25km優勝、Izu Trail Journey 28kmで優勝。
  • 松本祥汰 Shota Matsumoto (JPN): 2023年4100D野沢温泉 37kmで2位。
  • 岩井竜太 Ryuta Iwai (JPN): 2023年OSJ新城ダブル64kで2位、白馬国際クラシック28kmで4位、ハセツネCUPで6位、FTR秩父奥武蔵100Kで3位。
  • 牧野公則 Masanori Makino (JPN): 2023年阿蘇ボルケーノ115kmで2位、甲州アルプスオートルート・108kで優勝。
これも読む
マウントフジ100 Mt. Fuji 100 2024 プレビュー

まとめ

KOBE TRAIL 2024は、神戸の美しい自然と都市の景観を生かした、日本初の都市型トレイルランニングイベントです。国内外のトレイルランナーが集うこのイベントは、トレイルランニングの魅力を広く伝えるとともに、参加者に新たな体験を提供することを目指しています。国際的なレースとしての側面も持ち合わせており、今シーズンの日本のトレイルランニング・シーンの中では重要な位置を占めることが期待されています。

この記事が気に入ったらDogsorCaravanをBuy Me a Coffeeで直接サポートできます!

Buy Me a Coffee

Sponsored link