セガマ・アイスコリ Zegama-Aizkorri、欧州山岳ランニングの人気イベントはGolden Trail World Series 第3戦として5月26日日曜日開催

ゴールデントレイルワールドシリーズ Golden Trail World Series は4月の神戸トレイル、四姑娘山トレイルを経て、ヨーロッパで今週末、第三戦を迎えます。舞台となるのは欧州の山岳ランニングシーンでは伝説的なイベントであるセガマ・アイスコリ Zegama-Aizkorriです。世界トップレベルのアスリートが5月最終週の日曜日にバスク地方のトレイルで激突するレースは、今年も42km、獲得標高2,736mD+のコースで行われます。地元バスクを中心に3万人の観衆が集まるという熱狂的な雰囲気の中で、サンクティ・スピリトの登りで先頭に立つのは誰か。誰が下りセクションで一気に順位を上げるのか。しばしば雨でトレイルはぬかるむことになるこの大会で、今年の天候は誰の味方、あるいは敵となるのか。 5月26日日曜日午前9時(日本時間午後4時)にレースがスタートします。

(Photo © Martina Valmassoi / Zegama Aizkorri / Golden Trail Series)

Sponsored link


有力選手の顔ぶれ

女子選手

昨年の覇者であるダニエラ・オームス Daniela Oemus (GER) は今年もゼガマのスタートラインに立ち、連覇を狙います。しかし、昨年僅差で2位となったケイトリン・フィールダー Caitlin Fielder (NZL) は昨シーズン終盤の体調不良を乗り越えて今回、レースに復帰します。前回3位で、今年は神戸での開幕戦で3位に入ったテレス・ルボフ Theres Leboeuf (SUI) はさらに上位を目指します。

サラ・アロンソ Sara Alonso (ESP) は一昨年2022年のゼガマで3位となったのを機にトレイルランニングシーンで存在感を示すようになりました。今回の優勝候補の一人です。アメリカからはダニ・モレノ Dani Moreno (USA) が登場します。さらにマレン・オサ Malen Osa (ESP)、ナイアラ・イリゴイエン Naiara Irigoyen (ESP)、シルビア・ノルドスカー Sylvia Nordskar (NOR) 、スンマヤ・ブッダ Sunmaya Budha (NEP)、ベイリー・コワルチック Bailey Kowalczyk (USA)といったエリート選手が揃います。

Photo © Martina Valmassoi / Zegama Aizkorri / Golden Trail Series

Photo © Martina Valmassoi / Zegama Aizkorri / Golden Trail Series

今年の話題:地元出身の若き二人の対決

男女ともに熾烈なレースが予想される今年のセガマ・アイスコリで、特に注目を集めているのが、サラ・アロンソとマレン・オサという2人の「地元の伝説」同士の対決です。

二人はともにバスク地方の出身です。サラはすでにこのレースで確かな結果を残していますが、マレンは今回が初出場となり、マラソンディスタンスのレースにも初挑戦です。GTWSでもしばしば対戦する二人の対決はもちろん、スポーツマンシップにも注目が集まります。

「勝利を狙うのは当然のこと」とサラは語ります。「ソフィア (ラウクリ) がケガのため欠場すると分かったので、マレン、ダニ、テレスとの争いになると思います。マレンはこのコースをよく知っていますが、今回が初のマラソンです。私が昨年のケガをした後は、どのレースでも彼女のほうが私より上でした。でも今年は日本で私が勝ち、中国では彼女が勝ちでした。競り合いになればレースをうまく走りきれた方が勝つでしょう。地元での対決となるので力が入ります。」

Photo © Colin Olivero / Kobe Trail / Golden Trail Series

Photo © Colin Olivero / Kobe Trail / Golden Trail Series

一方のマレンは「ゼガマでは思いっきり楽しみ、現在のベストの力を発揮することが目標。レース後に笑顔でフィニッシュできることを願っています」と語ります。「正直、練習は予想以上に上手くいっていて、4月のアジアでのレースの時よりずっと良い状態です。初マラソンではありますが、表彰台も夢じゃないと思っています。もし全てがうまくいけば、きっと可能でしょう。私にとってサラは最大のライバルだから、誰よりも彼女に勝ちたい。でも、彼女の良い結果も願っています。もし彼女に負けたら本当にガッカリするでしょうが、彼女が望む結果を出せたらそれは嬉しいです。」

男子選手

このセガマ・アイスコリでは11回の出場で10度の優勝経験を持つキリアン・ジョルネ Kilian Jornet (ESP) は今年も圧倒的な優勝候補です。昨年の過酷なコンディションで勝利を収めたマヌエル・メリージャス Manuel Merillas (ESP) がどんなレースを見せるかにも注目です。2020年にマデイラ島の悪天候の中で行われたゴールデントレイル世界選手権を制したバート・プシェドヴォイェフスキ Bart Przedwojewski (POL) もキリアンとの対決に挑みます。エルハウシン・エラザウイ Elhousine Elazzaoui (MAR) は昨年のこの大会でメリージャスに僅差で及ばず勝利を逃した借りを返したいところ。ロバート・プケモイ Robert Pkemoi (KEN) はセガマでは2022年と2023年に5位で入賞した経験を持ちます。

これも読む
DC Weekly 2023年5月8日 川の道、Cocodona 250、Transvulcania by UTMB、上田バーティカル&スカイレース

その他、ロビー・シンプソン Robbie Simpson (GBR) 、マルシン・クビカ Marcin Kubica (POL) 、ケビン・キベ Kevin Kibet (KEN) 、ヤン・マルガリット・ソレ Jan Margarit Sole (ESP) 、アリッツ・エゲア・カセレス Aritz Egea Caceres (ESP) らの活躍も見逃せません。

Photo © Martina Valmassoi / Zegama Aizkorri / Golden Trail Series

Photo © Martina Valmassoi / Zegama Aizkorri / Golden Trail Series

現在のコースレコードは男女とも2022年に記録されており、男子がキリアン・ジョルネの3時間36分40秒、女子がニアンケ・ブリンクマンによる4時間16分43秒となっています。

今回のセガマ・アイスコリは5月26日午前8時45分(日本時間同日午後3時45分)からEUROSPORTS、Golden Trail TVやYouTubeでライブ配信されます。

この記事が気に入ったらDogsorCaravanをBuy Me a Coffeeで直接サポートできます!

Buy Me a Coffee

Sponsored link