[race] UTMB 2011のレギュレーション

UTMFのエントリーは来年1月14日からに延期だが、シャモニーをスタートする8月のUTMBはエントリーが始まっている。

そのレギュレーション(特にレース中の装備に関する規則)をみていたらいくつか去年にはなかったものがあるのに気づいた。悪天候に備え、より厚い装備を求めている。

link


Welcome to the international Mont-Blanc Ultra trail web site – UTMB® / CCC® / TDS Regulations

ATOK 2010.jpg

当方の記憶では、下のレギュレーション項目のうち、赤字は昨年までなかったか強化された項目。

Obligatory material :
– mobile phone with option enabling its use in the three countries
(put in one’s repertoire the security numbers of the organisation, keep it switched , do not hide one’s number and do not forget to set off with recharged batteries)
– personal cup or tumbler 15cl minimum (water bottle not acceptable)
– stock of water minimum 1 litre,
– two torches in good working condition with replacement batteries,
– survival blanket 1.40m x 2m minimum
– whistle,
– adhesive elastic band enable making a bandage or a strapping (mini 100cm x 6 cm),
reserve,
waterproof jacket with hood (Gore-Tex or similar) suitable for withstanding bad weather in the mountains. Fabric of at least 60g/m2 (average weight 165g minimum), except in the case when bad weather is expected: fabric around. 90g/m2 minimum (average weight 250g minimum).
– long running trousers or leggings or a combination of leggings and long which cover the legs completely,
warm long sleeved clothing (type « second layer », cotton excluded) of a weight of 180g minimum
– cap, bandana, or
warm hat
– warm and waterproof gloves
waterproof trouser

・いわゆるテーピングは80cm x 3cmが最小限だった気がするが少し長く太くなっている。

これも読む
日本代表チーム・レース前インタビュー 2019年トレイル世界選手権 Trail World Championships(横内佑太朗、森本幸司、川崎雄哉)

・防水性のあるレインウェアについては昨年のレギュレーションにもあったが、耐水性と重量の水準を示している。防水waterproofなのでウィンドジャケットでは足りないことになる。文中にある165gレベルのレインウェアというと市販されているものでは選択肢はかなり狭い。

・下半身については昨年は「膝まで覆う」のがミニマムだったが、長いタイツまたはパンツか膝まであるレギンスにロングソックスを組み合わせて「脚を完全に覆う」装備を用意することが求められている。

・さらに上半身には180g以上のミッドレイヤーの長袖シャツを用意するように求められている。昨年はこのようなレギュレーションはなかった。

・warm hat。頭を覆うビーニーのようなものか。

・防水性のズボン。レインウェアの下も持っていく必要がある。

いずれの装備も用意して携行することが求められおり、必ずしも着用する必要はないのだが、昨年のような寒さなら指示を受けるまでもなく用意すべき品々。天候にもよるが上半身はやはり長袖のシャツを用意しておく方がいい。このレギュレーションなら昨年までよりも皆少し重め大きめの荷物を背負うことになりそうだ。

Sponsored link