[DC] Outrun the Sun モンブランの162kmを日の出から日没までに完走できるか?ASICSのアスリートがリレーで挑戦

ASICSのアスリートがリレー形式でモンブランの周りをめぐる162kmのトレイルを日の出から日没までに完走することに挑戦。6月21日に行われるこのチャレンジ「Outrun the Sun」の予告動画や紹介サイトが公開されています。紹介サイトによれば日本のさんがこのチャレンジに加わるようです。

Sponsored link


Outrun the Sun」はヨーロッパ、アメリカ、そして日本のASICSのアスリート12人が二つのチームに分かれ、シャモニーをスタートする162km/9450mD+で再びシャモニーに戻るトレイル(概ねUTMBのコースに該当)を4つの区間に分け、リレー形式で日の出から日没までの15時間41分以内での完走を目指すというもの。

参加するのは昨年のUTMBで優勝して注目を集めた、4月のUTMFで途中まで上位を走って注目を集めたトーマス・ロルブランシェ/エマニュエル・ゴール/、2012年UTMBで2位のジョナス・ブード/などに加えて日本から荒木宏太/Kota Arakiが参加。荒木さんはリレーの第一区間にあたるシャモニーからノートルダム・デ・ラ・ゴージュまでの28.6km(この区間はUTMBとは少し異なり、より標高の高いルートを通ります)を走る模様です。

ちなみにUTMBのコースレコードは昨年のグザビエ・テベナールによる20時間34分57秒。荒木さんをはじめとする実力あるアスリートがリレーでつなぐなら当然もっとタイムは短くなるでしょうが、当日のコンディションによっては15時間41分はかなり高いハードルのように思えます。

チャレンジは6月21日が予定されている模様。当サイトでも続報が入り次第ご紹介します。


ASICS Running | Outrun the Sun trailer – YouTube

Sponsored link