[DC] ダイジェスト Day 3・今日も雨、木祖村で補給して中央アルプスへ #TJAR2014

台風が迫る8月9日土曜日の深夜24時にスタートしたトランスジャパンアルプスレース/Trans Japan Alps Race 2014は12日火曜日で三日目。上高地の関門締切を受けてランナーは北アルプスを下りて、中央アルプスに向かいました。トップのなど上位選手はこの日のうちに木曽駒ヶ岳など中央アルプスを踏破して駒ヶ根市内に入っています。一方、体調不良などからリタイアするランナーも現れ、この三日目までに7人がリタイア、一人が関門締切に間に合わず失格。低体温症でリタイアしたランナーは大事を取って明日以降、同じ選手仲間とともに下山する予定です。
三日目の12日火曜日のダイジェストを、フォトグラファーによる写真とともにお送りします。

【訂正・三日目に双六小屋でリタイアした福山智之さんよりリタイアの理由について、先行する選手に届いていた関門締切時刻延長を知らなかったため上高地での関門締切まで行動時間が足りないと誤解したためであった、とお知らせいただきました。以下の本文について修正いたしました。福山さん、お知らせいただきありがとうございました。2014.8.14. 2PM】

Sponsored link


本日も雨、三日目に入り次第にランナーの間が広がる

三日目の12日火曜日の上高地(124km)は夜明け前の深夜からランナーが次々とチェックポイントを通過しました。3時間延長されて午前11時となった上高地の関門締切時刻までの通過状況は次の通りとなりました(タイムは実質的な到着タイムで当サイトが各種ソースから推定)。

これも読む
今回も日本勢が上位に。2017年 MSIG Lantau 50・スカイランニングアジア選手権リザルト

リタイアしたランナーのうち、千原昇は健康状態がやや厳しく、三俣山荘の診療所で応急手当を受けた後、岩崎勉、飯島浩、福山智之が付き添って下山することとなったようです。

また、湯川朋彦は前夜から体調が優れない状態だったといい、上高地を出発後、沢渡でリタイアしています。

慎重に槍沢を下る湯川朋彦。Photo courtesy of Shimpei Koseki

慎重に槍沢を下る湯川朋彦。 courtesy of Shimpei Koseki

三日目のこの日も雨が降る中、上高地を出発したランナーの多くは車道でいっぱいの「恐怖のトンネル」を経て、奈川渡ダムのカフェで補給。さらに木祖村藪原のスーパーマーケットまるとでしっかり食事をしてからいよいよ中央アルプスへ。木曽駒ヶ岳の登山口となる旧木曽駒高原スキー場でビバークして明日から中央アルプスに取りかかるランナーが多いようです。

TJAR2014-Day3-Yari-Komagane-Shimpei_Koseki-03

上高地を出発してロードを走る米田英昭。目指すは木祖村藪原のスーパーマーケットまると。Photo courtesy of Shimpei Koseki

TJAR2014-Day3-Yari-Komagane-Shimpei_Koseki-02

奈川渡ダムを走る中村雅美。Photo courtesy of Shimpei Koseki.

TJAR2014-Day3-Yari-Komagane-Koichi_Miyagami-04

交通量があり人が歩くにはかなり狭いトンネルを抜ける仙波憲人。トンネル通過中に手が車に触れそうなほど。Photo courtesy of Koichi Miyagami.

一方先行するランナーはこの三日目の火曜日から木曽駒ヶ岳に登り始めます。登山道を横切る沢の中には台風で増水して膝上まで水位が上がっていました。さらに雨と風で寒さに体力を消耗しながら先に進みます。この三日目のうちに中央アルプスを抜けて駒ヶ根市の菅の台まで下りてきたのは、望月将悟(18:45)、阪田啓一郎(20:33)、飴本義一(22:01)、石田賢生(四日目0:31)の4人。残るランナーは山中でピバークしている模様です。また4人のうち、望月将悟阪田啓一郎は日付が変わって四日目となった深夜に市野瀬(243km)に到着し、仮眠をとっています。

TJAR2014-Day3-Yari-Komagane-Koichi_Miyagami-02

補給といえばパンという望月将悟。駒ヶ根市のパン屋さんにて。Photo courtesy of Koichi Miyagami.

TJAR2014-Day3-Yari-Komagane-Shimpei_Koseki-01

駒ヶ根市内のコンビニで休む阪田啓一郎。Photo courtesy of Shimpei Koseki.

TJAR2014-Day3-Ichinose-Shimpei-Koseki-04

三日目の深夜に市野瀬に到着して健康状態のチェックを受ける望月将悟。Photo courtesy of Shimpei Koseki.

四日目は待望の晴れ。大半の選手は中央アルプスを越え、上位はいよいよ南アルプスへ。

初日の台風に始まり、雨、霧にみまわれている今回のTJARですが、天気予報によれば四日目の水曜日は晴れ。こうした中で大半のランナーは中央アルプスの木曽駒ヶ岳から空木岳まで縦走して、駒ヶ根に下りることになるでしょう。次の関門は市野瀬で5日目の木曜日の15:00(3時間延長)。順調に進めれば多くのランナーが、ドロップバッグや家族や友人のサポートの受けられる市野瀬に締切までにたどりつけそうです。

一方、上位のランナーはいよいよ南アルプスへ。TJARのコースの中に含まれる山岳パートの中でも南アルプスは距離も長く、エスケープするとしてもクルマのアクセスできるところまでは距離が長く、体力や経験の差は命に関わります。仙丈ヶ岳(257km)への登山から始まるここからがTJARの正念場といえるでしょう。現在トップの望月にとっては南アルプスは地元といえる慣れ親しんだエリアです。

天気予報によれば晴れが続くのは実は四日目の水曜日のみ。五日目の木曜日から天気は崩れる模様で、多くのランナーに試練が待ち受けています。

写真集

本日もコース上で大会を取材する写真家の藤巻翔 / Sho Fujimaki、後藤武久 / Takehisa Goto、小関信平 / Shimpei Koseki、宮上晃一 / Koichi Miyagami の皆さんの協力を得て、コースで撮影された写真をご紹介していきます。アウトドアスポーツのプロの作品をお楽しみください。

Day 3 From Kamikochi to Komagane – Trans Japan Alps Race 2014

Day 3 Yarigatake, Kamikochi and more – Trans Japan Alps Race 2014

Day 3 Shogo Mochizuki in Ichinose – Trans Japan Alps Race 2014

参考

Sponsored link