松本大 / Dai Matsumoto 2016年スカイランニングアジア選手権・MSIG Lantau50 27km優勝インタビュー #skyrunning #LT50

スカイランニングアジア選手権 Asian Skyrunning Championshipとなる今年のMSIG Lantau 50が12月4日日曜日に香港・ランタオ島で開催され、27kmのレースで優勝した さんにインタビューしました。


松本大さんは昨年二月に香港で開催された2015年のスカイランニングアジア選手権・MSIG Sai Kung 50の28kmのレースで優勝しており、今回はアジア選手権で二連覇を果たしました。

Sponsored link


今回のMSIG Lantau 50の27kmのレースに出場した顔ぶれからは松本さんの勝利は確実でしたが、秋以降のトレーニングやコンディションの調整は思うようにできず、最後の下りでは大幅にペースが落ちてしまって苦戦したといいます。最後はとにかく優勝を確実にするために必死だったと振り返っています。

今シーズンの松本さんは七月のスカイランニング世界選手権・Buff Epic Trail 42k(男子総合8位)と今回のアジア選手権にレースを絞り込み、休養の一年でした。来年は再びスカイランナー世界シリーズ戦(SWS)に挑戦していく、と抱負を話してくれました。

日本スカイランニング協会(JSA)代表という目からみての今回のアジア選手権については、アジア表彰で5人が金メダルを獲得するなど、順当な結果だったと総括。アジアにおいても今回は韓国、ネパールなどが実力ある選手からなるチームで参加しているなど、スカイランニングの人気の広がりを実感する、と振り返ります。「日本でもジュニア層、ユース層からスカイランニングを普及させて将来の強化につなげたい」と話してくれました。

松本大 Dai Matsumotoさんとのインタビューは下からご覧ください。今回のスカイランニングアジア選手権・MSIG Lantau 50のリザルトについては当サイトの記事をぜひご覧ください

Sponsored link