[DC] 松本大が優勝、日本選手が活躍・2015年スカイランニングアジア選手権/ 2015 Skyrunning Continental Championships – Asia・2015 MSIG Sai Kung 50 #MSIGSK50 #ISF

日本における山岳レース、スカイランニングの第一人者がついに世界の舞台を制しました。昨日2月7日(土)に香港で開催されたMSIG Sai Kung 50の結果をお伝えします。

Sponsored link


NEWhk50series_logo今年から世界各地で開催されるスカイランニングのアジア選手権として開催されたこの大会の28km(Skyrace)で日本の松本大/当サイトのレース前インタビュー)が優勝。世界からトップレベルのランナーが集まる国際的な大会での優勝を果たしました。続く二位には近藤敬仁/Yoshihito Kondoが入りました。28kmの女子では、イタリアのエリサ・デスコ/Elisa Desco当サイトのレース前インタビュー)が優勝、日本の/Kanako Hasegawaが3位に。

MSIG Sai Kung 50- Dai and Yoshihito

MSIG Sai Kung 50の28kmで優勝した松本大/Dai Matsumoto(右)と近藤敬仁/Yoshihito Kondo(左)。All Photos are by Koichi Iwasa of DogsorCaravan.com

skyrunning-continental-logo-ctl1-180x18050km(Ultra SkyMarathon)ではネパールのサミル・タマン/Samir Tamangミラ・ライ/Mira Rai当サイトのレース前インタビュー)がそれぞれ男女で優勝。男子5位に、女子5位に岩楯志帆/Shiho Iwadateと日本のランナーが多数活躍しました。

MSIG Sai Kung 50- Start

28kmと50kmのレースが同時にスタート。

標高は最高でも400mと少しというエリアながら、足の置き場が見つけにくいほどのテクニカルな箇所もあるトレイルでは、上位選手が複数の箇所でコースを見失ってロストするなどのトラブルもありました。

当サイトのプレビュー記事でもご紹介したように、今回のMSIG Sai Kung 50はアジアだけでなく世界のトップ選手が集まる国際的なイベントとなりました。そこでの優勝、準優勝を果たした松本大、近藤敬仁の二人はこれからより世界のスカイランニング、トレイルランニングのトップ選手として注目を集めていくことになるでしょう。そのほかにも今回の大会では日本のランナーの活躍が目立ち、改めて日本のスカイランニング、トレイルランニングのレベルの高さを示しました。

以下ではレース当日に現地で速報を行った当サイトによるレースの展開をご覧いただけるほか、写真やレースレポートなどへのリンクを随時追記します。またレース後のインタビューの動画も公開予定です。

28km(Skyrace)

午前7時に始まったレースをリードしたのは、スカイランニングではすでにキリアンとともに伝説的な存在ともいえるマルコ・デ・ガスペリ/Marco De Gasperi当サイトのレース前インタビュー )でした。香港に来たのは初めてで、コースは前日に少し見ただけというガスペリですが、松本大を初めとする後続ランナーからは姿が見えなくなり独走態勢に入ります。しかし、10–11km地点にあるループ状のコースへと向かう分岐の付近で痛恨のコースミス。約4分のロストでミスに気づいてコースに戻ると、先に進む日本のランナー二人の姿が目に入ります。

ランナーの間ではテクニカルだという話が聞かれたSai Kung 50のコースを疾走するマルコ・デ・ガスペリ/Marco De Gasperi。Photo courtesy of Lloyd Belcher Visuals

ランナーの間ではテクニカルだという話が聞かれたSai Kung 50のコースを疾走するマルコ・デ・ガスペリ/Marco De Gasperi。Photo courtesy of Lloyd Belcher Visuals

ガスペリに先行することとなったのは松本大/Dai Matsumoto近藤敬仁/Yoshihito Kondoでした。近藤は初めて走る香港でのロストを恐れて、このレースの下見のために先月香港に来ていた松本に付いていこうとしたとのこと。しかし近藤は「松本のテクニカルな下りのスピードについていけなかった」といい、少しずつ差が開き始めます。

レースをリードする松本大/Dai Matsumoto。Photo courtesy by Lloyd Belcher Visuals

レースをリードする松本大/Dai Matsumoto。Photo courtesy by Lloyd Belcher Visuals

松本大を追う近藤敬仁/Yoshihito Kondo。Photo courtesy by Lloyd Belcher Visuals

松本大を追う近藤敬仁/Yoshihito Kondo。Photo courtesy by Lloyd Belcher Visuals

世界のレジェンド・ガスペリと身近な仲間でありライバルでもある近藤からリードを奪った松本大がそのまま2:49:23でスカイランニングアジア選手権の初代チャンピオンの座を手にしました。続く2位には2分差で近藤敬仁、3位にガスペリがフィニッシュしました。4位に入ったトム・オーウェンス/Tom Owens当サイトのレース前インタビュー )は欧州でのスカイランニングの実績豊富で優勝候補でしたが、この日は想像以上の暑さに苦しんだと言います。5位はオーストラリアの陸上での実績をもつデイビット・ビーン/David Byrne

MSIG Sai Kung 50- Tom Owens

脱水症状で胃の具合に悩みながら進むトム・オーウェンス/Tom Owens。

このほか、28kmの男子では6位に星野和昭/Kazuaki Hoshino、8位に工藤祐輔/Yusuke Kudoが入るなど、トップ10の4人を日本のランナーが占めました。

これも読む
ウルトラトレイル・マウントフジ Ultra-Trail Mt. Fuji 2018 リザルト

一方女子の28kmではイタリアのエリサ・デスコ/Elisa Descoステファニー・ジメネス/Stephanie Jimenezが接戦を繰り広げました。二人はCP3 / 22km地点でもほぼ同時に通過する僅差でしたが、勝ったのはデスコで僅か43秒差でジメネスが続きました。二人に続いて日本の長谷川香奈子/Kanako Hasegawa、香港在住の日本人であるちあき・フィエルド/Chiaki Fjelddahlが3位、4位となるなど女子でも日本の選手の活躍が光りました。

女子のレースをリードしたエリサ・デスコ/Elisa Desco。Photo courtesy of Lloyd Belcher Visuals

女子のレースをリードしたエリサ・デスコ/Elisa Desco。Photo courtesy of Lloyd Belcher Visuals

28kリザルト

リザルトへのリンクはこちら

男子/Men

    1. 松本大/Dai Matsumoto (Salomon, Japan) 2:49:23 (当サイトのレース前インタビュー
    2. 近藤敬仁/Yoshihito Kondo (LaSportiva, Japan) 2:51:41
    3. マルコ・デ・ガスペリ/Marco De Gasperi (Forestale / SCOTT, ) 2:54:32 (当サイトのレース前インタビュー
    4. トム・オーウェンス/Tom Owens (Salomon, UK) 3:06:06 (当サイトのレース前インタビュー
    5. デイビット・ビーン/David Byrne (NIKE, Australia) 3:09:54
    6. 星野和昭/Kazuaki Hoshino (Japan) 3:23:19
    7. マルタン・ガフリ/Martin Gaffuri (SCOTT, France) 3:23:42
    8. 工藤祐輔/Yusuke Kudo (Japan) 3:28:16
    9. ギュラーム・コーシー/Guillaume Causse (France) 3:36:57
    10. アニシュ・パテル/Anish Patel (UK) 3:46:51
  • 12位 河辺貴信/Takanobu Kawabe 4:01:29
  • 15位 小出徹/Toru Koide 4:17:15

女子/Women

    1. エリサ・デスコ/Elisa Desco (SCOTT, Italy) 3:41:02* (当サイトのレース前インタビュー
    2. ステファニー・ジメネス/Stephanie Jimenez (Salomon, France) 3:41:45
    3. 長谷川香奈子/Kanako Hasegawa (Japan) 3:56:25
    4. ちあき・フィエルド/Chiaki Fjelddahl (Hong Kong / Japan) 4:24:03
    5. オクサナ・リアボラ/Okusana Riabova (Ukraina) 4:31:12
    6. ジョアン・ブラウン/Joanne Brown (Canada) 4:35:12
    7. ライハン・デネクス・ルイ/Lai Han Dennex Lui (Hong Kong) 5:04:12
    8. ヴァジニー・ゲタール/Virginie Goethals (Belgium) 5:04:40
    9. ジョセリン・チュン/Jocelyn Cheung (Hong Kong) 5:37:43
    10. シルケ・ベンダー/Silke Bender (Germany) 5:45:24
  • 17位 野村泰子/Yasuko Nomura 6:45:36
これも読む
DC Weekly | 先週末は戸隠マウンテントレイルなど、今週末はトレイル世界選手権、菅平、スリーピークスなど・2017年6月5日

50km(Ultra SkyMarathon)

香港のトレイルランニングレースに出場するネパールのランナーは皆、高い実力で活躍しています。今回の50kmでもその例にもれず、男女ともに優勝はネパールのランナーとなりました。男子では昨年のTDS(UTMBのレースの一つ)で2位となったサミル・タマン/Samir Tamangが優勝。この日のサミルは序盤から積極的に走り、28kmの上位集団と一緒に走っていましたが、その表情は安定していて強さを印象付けました。

MSIG Sai Kung 50- Samir Tamang

50kmで優勝したサミル・タマン/Samir Tamang。

レース前から優勝候補とみられていた中国のヤン・ロンフェイ/Longfei Yanにはこの日は厳しいレースとなりました。この日の作戦は中盤までトップの選手についていき、後半にリードを奪うというものでしたが、序盤でコースを見失ってリードを失い、5位まで後退。その後、加速して先行するランナーを追い始めますが、トップにサミルがいることに気づくのが遅れたといいます。結局ヤンはサミルに13分遅れの2位となりました。3位にはスペイン・カナリア諸島のクリストファー・クレメント/Cristofer Clemente 、4位にオーストラリアのブレイク・ホーズ/Blake Hoseが入りました。この日、堅実な走りを見せたのは日本の牛田美樹/Miki Ushidaとアメリカのルーク・ネルソン/Luke Nelsonでした。二人はともに10位前後を走っていた序盤から徐々に順位を上げて、それぞれ5位と6位でフィニッシュ。50kmでもトップ10に日本のランナーが3人入る快挙でした。

MSIG Sai Kung 50- Miki Ushida

50kmで5位でフィニッシュした牛田美樹/Miki Ushida。

女子で優勝し、初代アジア選手権チャンピオンとなったのはネパールのミラ・ライ/Mira Rai当サイトのレース前インタビュー)です。ライはスタートから終始女子のレースをリードして2位で続いたドン・リー/Dong Liとの差を着実に広げただけでなく、男女総合で6位に入る快走でした。3位にはアメリカのケイシー・エンマン/Kasie Enman当サイトのレース前インタビュー)が続きました。4位となったアレッサンドラ・カリーニ/Alessandra Carliniは後半に順位を上げるスマートなレースを見せました。5位には日本の岩楯志帆/Shiho Iwadateがフィニッシュしています。

MSIG Sai Kung 50 - Mira Rai

50km女子で優勝、総合6位のミラ・ライ/Mira Rai。

50kリザルト

リザルトへのリンクはこちら

男子/Men

    1. サミル・タマン/Samir Tamang (Nepal) 4:58:40
    2. ヤン・ロンフェイ/Longfei Yan (Salomon, China) 5:11:50
    3. クリストファー・クレメント/Cristofer Clemente (Land, ) 5:15:07
    4. ブレイク・ホーズ/Blake Hose (Salomon, Australia) 5:18:17
    5. 牛田美樹/Miki Ushida (Japan) 5:28:40
    6. ルーク・ネルソン/Luke Nelson (patagonia, USA) 5:47:42
    7. フルビオ・ダピ/Fulvio Dapit (LaSportiva, Italy) 5:51:23
    8. ジャスティン・アンドリュース/Justin Andrews (HK / USA) 5:54:53
    9. 小川壮太/Sota Ogawa (Salomon, Japan) 5:54:57 (当サイトのレース前インタビュー
    10. /Kazufumi Oose (Japan) 5:55:15
  • 13位 武藤尚一郎/Naoichiro Muto 6:21:34
  • 14位 Seiji Kobayashi 6:21:49
  • 20位 別府浩司/Koji Beppu 6:52:35
  • 21位 朽見太朗/Taro Kuchimi 6:54:18
  • 23位 山田慎也/Shinya Yamada 6:59:21
MSIG Sai Kung 50 - Sota Ogawa

50kmをフィニッシュした小川壮太/Sota Ogawa。

MSIG Sai Kung 50 - Kazufumi Oose

50kmをフィニッシュした大瀬和文/Kazufumi Oose。

 

これも読む
DC Weekly | 先週末は9 Dragons、Rocky Raccoon、Sean O'Brien、来週末はTarawera・2017年2月6日

女子/Women

  1. ミラ・ライ/Mira Rai (Nepal) 5:39:31 (当サイトのレース前インタビュー
  2. ドン・リー/Dong Li (Salomon, China) 6:00:49
  3. ケイシー・エンマン/Kasie Enman (Salomon USA) 6:13:57 (当サイトのレース前インタビュー
  4. アレッサンドラ・カリーニ/Alessandra Carlini (Agisko, Italy) 6:43:37
  5. 岩楯志帆/Shiho Iwadate (Japan) 6:55:37
  6. ザイン・ウィリアムズ/Zein Williams (UK) 7:08:06
  7. オルヤ・コルシュ/Olya Korzh (HK / Russia) 7:15:43
  8. ロー・チンリン/Ching Ling Lo (Hong Kong) 7:21:46
  9. 五百旗頭真紀/Maki Iokibe (Japan) 7:26:07
  10. ルイーズ・ウッド/Louise Wood (UK) 7:55:41
MSIG Sai Kung 50 - Shiho Iwadate

50km女子で5位でフィニッシュした岩楯志帆/Shiho Iwadate。

参考

当サイトのライブ速報のログ

2015年スカイランニングアジア選手権/ 2015 Skyrunning Continental Championships – Asia・2015 MSIG Sai Kung 50 2015年スカイランニング・アジア選手権 – Togetterまとめ

これも読む
2018年 星の郷八ヶ岳野辺山高原100kmウルトラマラソン・リザルト #野辺山100km #Nobeyama100km

Sponsored link