フルマラソン2時間切りに挑戦。ナイキがプロジェクト “Breaking2” を発表

人間は自らの限界をどこまで押し拡げることができるのか。ナイキがプロジェクト、“Breaking2”を発表し、このプロジェクトのために選抜した3人のトップアスリートとともにフルマラソンで2時間の壁を破ることに挑戦することを表明しました。

Sponsored link


(画像はナイキのウェブサイトより)

男子フルマラソンの世界記録は1998年以降記録更新のピッチが早まっており、現在の世界記録は2時間2分57秒(デニス・キプルト・キメット Dennis Kipruto Kimetto、2014年ベルリンマラソン)。ナイキのプロジェクトに参加するアスリートはエリウド・キプチョゲ Eliud Kipchoge(ケニア)、ゼルセナイ・タデッセ Zersenay Tadesse(エリトリア)、レリサ・デシサ Lelisa Desisa(エチオピア)の3人。キプチョゲは今年4月のロンドンマラソンで世界歴代2位の2時間3分5秒を記録したほか、リオ五輪男子マラソンの金メダリスト。タデッセはハーフマラソンの世界記録保持者(58分23秒、2010年)。デシサは2013年に初マラソン(ドバイマラソン)で2時間4分45秒をマークし、2013年、2015年のボストンマラソンで優勝しています。

プロジェクトには3人のアスリートだけでなく、運動生理学者やスポーツ心理学者、コーチ、ウェアやシューズの開発者などのエキスパートも参加。来年春頃には実際のチャレンジが行われる見込みですが、レースで走るのではなくこのプロジェクトのために専用のコースでタイムトライアルとしておこなれる模様。このため、記録が公認記録となるかどうかは現時点では不明です。

ナイキのプレスリリースでは『不可能にみえる目標に一心に取り組むことで人間の潜在能力は引き出される』『ビル・バウワーマン(ナイキの共同創業者)の言葉にもあるように「ランニングの真の目的はレースに勝つことじゃない、人間の熱意の限界に挑戦することにある」のです。』としています。

プロジェクト、”Breaking2″のスケジュールの詳細は来年アナウンスされます。

Sponsored link