ZAOスカイランニング Zao Skyrunning 2017はスカイランニング・アジア選手権として9月9-10日に開催、本日の記者会見より。

Zao-Skyrunning-logo山形市の蔵王温泉を会場に開催されるZAOスカイランニング Zao Skyrunningは日本を代表する温泉地である蔵王温泉の情緒と蔵王連峰の本格的な山岳コースが注目を集める大会です。本日3月17日(金)に山形市で記者会見が行われ、日本で初めてとなる・アジア選手権の開催に向けての取り組みや地元の意気込みが示されました。


今年のZAOスカイランニング Zao Skyrunningは9月9日(土)、10日(日)に開催。スカイランニング・アジア選手権となるのは土曜日の4.8km / 900mD+のバーティカルレース、日曜日の28km / 2,300mD+のZaoスカイレース28kです。Zaoスカイレースは昨年は刈田岳で折り返していたコースに、さらに蔵王ライザワールドへと降りてから登り返すパートが加わりました。この28kにはJSA公認レースを完走していることなどの参加資格が設けられています。

Sponsored link


ZAOスカイランニングについては昨年の大会の模様を当サイトでも現地からレポートしています

蔵王の魅力をスカイランニングを通じて世界に伝える

記者会見に出席した山形市の松田和巳・商工観光部長は、ZAOスカイランニングの山形市の観光業にとって大きな意義がある、として「蔵王がスカイランニングに適した地と認められてアジア選手権が開催されることで、アジア各国から選手を迎えることになる。この機会に蔵王を温泉としてだけでなく、豊かな自然に恵まれた地として世界にアピールしていきたい」とあいさつ。

日本スカイランニング協会の松本大・代表は「今年で3回目となるアジア選手権を初めて日本に誘致することができた。蔵王を日本らしい山として世界に知ってもらう機会にしたい。」と話しました。「ZAOスカイランニングのコースはロープウェーなど応援のためのインフラも整っており、大会の盛り上がりが期待できる。地元はスキージャンプのW杯の開催で国際的なスポーツイベントの受け入れ経験も豊富だ」として、アジア選手権のための環境が揃っていることが今回の蔵王での開催の決め手となったと説明しました。海外からの参加選手については「中国、韓国、フィリピンなどから代表選手チームが参加するとの連絡があったほか、アジア以外からも欧米のトップ選手も招く予定」で、今回の蔵王は名実ともに国際的なスカイランニング大会としてハイレベルなレースとなりそうです。

ZaoSkyrunning17-presscon-Dai-Matsumoto.jpg

日本スカイランニング協会の松本大・代表

アスリートを代表して出席した吉住友里 Yuri Yoshizumiさんは昨年のZAO バーティカルレースで優勝したほか、最近では12月のMSIG Lantau VK・スカイランニングアジア選手権で優勝した注目のアスリート。「昨年初めて蔵王の山を走って山がきれいだと感激した。宿の温泉はもちろん、人の温かさがうれしかった。今年も参加できるのが楽しみ」だと話しました。市民ランナーとしてフルマラソンのトップ選手である松本翔 さんは昨年のZAOスカイレースで途中転倒してリードを奪われながらも優勝。「今年はスカイランニングの大会は蔵王に絞って挑戦するつもり」とこのアジア選手権に向けた意気込みを語ります。スカイランニングのレースを走る上でのアドバイスとして「バーティカルは最後まで全力を出し切る、という気持ちの強さが試される。スカイレースは特に下りで転ばないようにメリハリを効かせた走りが必要になる」と話しました。

昨年のZAO バーティカルレースで女子優勝の吉住友里 Yuri Yoshizumiさん。5月に開催されるTransvulcania VKで本場欧州の世界シリーズ戦に挑戦する。

昨年のZAOスカイレースで優勝した松本翔 Sho Matsumotoさん。

ZAOスカイランニングは本日3月17日からエントリー開始

今年のZAOスカイランニングは記者会見が行われた3月17日からRUNNETでエントリーの受付が始まっています。ただし、ZAOスカイレース28kはJSA公認レースの制限時間内完走などの出場資格を満たすことが必要。さらにアジア選手権となるレースの他にも一般向けのスカイレース21kやバーティカルのユース(高校生)レース、ジュニア(小中学生)やアドベンチャーゲームといったイベントも開催されます。

ZAOスカイランニング 2017の開催日程

2017年9月9日(土)

  • ZAOバーティカルレース ZAO
    • スカイランニングアジア選手権・日本選手権
    • 4.8km / 900mD+
    • 温泉街をスタート、鳥兜山(給水所)をへて地蔵岳でフィニッシュ
    • 定員:200名
  • ZAOバーティカルレース・ユース
    • ユース(高校生)が対象
    • コースはアジア選手権・日本選手権と同じ
    • 定員:100名
  • ZAOジュニアスカイレース
    • ジュニア(小学生の部・中学生の部)
    • 2.3km / 480mD+
    • 温泉街をスタート、鳥兜山でフィニッシュ
    • 定員:100名
  • ZAOアドベンチャーゲーム
    • 家族や仲間・カップルで楽しむ、蔵王温泉をフィールドにしたアウトドアゲーム
    • 2-5人で1チームで参加

2017年9月10日(日)

  • ZAOスカイレース28K ZAO 28K
    • スカイランニングアジア選手権・日本選手権
    • 28km / 2300mD+
    • 蔵王体育館をスタート、蔵王山から馬の背を経て蔵王ライザワールドへ。中丸山を経て熊野岳へ登り返し、蔵王体育館へフィニッシュ。
    • 参加資格:(1)JSA登録選手、(2)JSA及び海外のISF加盟団体の推薦者、(3)2015-17年のJSA公認レースの制限時間内完走者(蔵王スカイレース、経ヶ岳、菅平21Kおよび44K、、びわ湖バレイ、スリーピークス八ヶ岳38K、西米良、80K、志賀高原エクストリームトレイル60K)
    • 定員:300名
  • ZAOスカイレース21K ZAO Skyrace 21K
    • 一般向けのスカイレース
    • 21km / 1500mD+
    • 蔵王体育館をスタート、刈田岳で折り返して蔵王体育館へフィニッシュ。
    • 定員:400名
Sponsored link