お湯を加えてわずか2分。ULTRA LUNCHのビバークレーションはアウトドアやステージレースに適した「携帯可能な主食キット」

わずか80gで400キロカロリー、お湯を加えてわずか2分で食べられる主食キットが登場です。ULTRA LUNCHが開発していた「ビバークレーション」が正式に販売開始となりました。フレーバーが強化されたほか、パッケージデザインを一新、真空パックを採用。より美味しく、美しく、長く、楽しめるようになりました。「ビバークレーション」はオンライン販売のほか、都内など各地の店頭で販売中です。


関東のトレイルランニングコミュニティで注目を集めているヴィーガンフードのULTRA LUNCHが独自に開発、昨年からテスト販売を行っていた「携帯可能な主食キット」がビバークレーション。一食あたり60gのインド米乾燥フレークをベースにしていて一食あたり400kカロリーのボリューム。パッケージは縦18cm、横12cmでバックパックの中のすき間に入れやすくなっています。真空パックされているので賞味期限は2年と長期保存も可能。気になるフレーバーもスパイシーな「トマトキック」、芳醇な香りがうれしい「ポルチーニクリーム」、日本人でよかった「海苔茶漬け」の三種が用意されています。

Sponsored link


ビバークレーションは3つのフレーバーで発売中

真空パックに入ったビバークレーションのパッケージは収納しやすい。

しかし、ミニマルなハイキングやファストパッキングはもちろん、アドベンチャーレースやサハラマラソンのような食料を携行する必要があるステージレースでは、お湯をかければ2分で食べられる、というのが最大のメリットかも。アルファ米を戻すには熱湯でも15分はかかるので、この点はありがたいところです。

ビバークレーション取扱いストア

取扱店は拡大中ですので、最新の情報はULTRA LUNCHのFacebookページなどをご覧ください(以下、順不同)。

(オンラインストア)

(source: ULTRA LUNCH

Sponsored link