星野由香理 Yukari Hoshino 美ヶ原トレイルラン 2017・スカイランニング日本選手権 2017 優勝インタビュー

7月1日土曜日のinov-8 CUP 美ヶ原トレイルラン 80kmで女子優勝の 星野(福田)由香理 , née Fukudaさんに、表彰式の後インタビューしました。


星野由香理も、男子優勝の東徹さんと同じく、一昨年の2015年のこの大会で優勝し、スカイランニング日本選手権のチャンピオンとなっています。しかし、十分にトレーニングを積んで臨んだ一昨年と比べると、今回は満足できる準備もできず、その上にスタート直前に得意とする山岳パートを回避するコース変更が発表される、スタート前は不安で仕方なかったと振り返ります。

Sponsored link


レースがスタートすると、今シーズンからトレイルを走り始めたばかりとはいえ実業団で活躍した経験を持つ岩村聖華さんがレースをリードし、和田宿(35km地点)では4分差。しかしこの時にはすでに落ち着いて、「ここで諦めずに頑張れば、後半にチャンスがあるかもしれない」と長い林道の登りを進みました。その後、星野さんは長門牧場のエイドで岩村さんに追いつくことになりました。

昨年のスカイランニング世界選手権・ Epic Trailでは8位となった星野由香理さんは再び来年2018年の世界選手権に挑戦するチャンスをつかみました。「この一年、しっかり準備して今度の世界選手権では表彰台に立ちたい」と意欲をみせました。

今月7月末にはOSJ Itamuro 100を走る予定という星野由香理さんとのインタビューは下から、今回の美ヶ原トレイルランを振り返った当サイトの記事はこちらからご覧ください

Sponsored link